ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 迷子の警察音楽隊

DVDで2007年のイスラエル映画「迷子の警察音楽隊」を
観ました。
イケメン俳優もドラマチックな展開もないけれど、
この映画・・・好き好き大好き!!!
誰かに教えたくなるほど素敵な余韻の残る映画でした。
a0223379_20111750.jpg

長年民族対立が続いていたエジプトとイスラエル。
文化交流のためにエジプトの警察音楽隊がイスラエルに
招かれました。が、なぜか空港には迎えが来ていない。
迎車と思わせる白いワンボックスカーがスーっと動いた後に
取り残されたように現れる8人のアレキサンドリア警察音楽隊。
折り目正しいブルーの制服にキャリーバッグと楽器を持って
呆然と佇む姿はまるでおもちゃの兵隊さんのようでした。

隊長のトゥフィークは歴史あるアレキサンドリア警察音楽隊の
誇りを守るべく若い隊員の行動にも口うるさい。
隊長の自力で目的地の町まで行くとの指示で隊員たちは
バスに乗りますが、着いた所はよく似た名前の違う町。
ホテルは疎か演奏する文化センターなどない砂漠の
殺風景な町でした。

バスもない、お金もない。
偶然開いていた小さな食堂。途方に暮れているところを
食堂の女主人ディナに助けられます。
隊員たちは食堂、彼女の家、店の常連イツィクの家の3箇所に
分かれて泊まることになりました。
それぞれの家で育まれる一夜限りの心温まる物語。
言葉も不自由、アラブとユダヤの気まずい関係。
ぎこちない空気を解きほぐすのは、たどたどしい英語での
精一杯のやりとりと音楽でした。

女主人ディナの魅力は豪快なスイカの割り方でもわかります。
パカッと割られたスイカとペディキュアの赤がハッとするほど
エロチックでドキッ。ディナは美しい人です。
そんなディナにドギマギする隊長トゥフィークの表情も
微笑ましく見えました。
「何で警察が音楽を?」とディナ。
「なぜ人に魂が必要です?」とトゥフィークは答えます。
ふたりの心は近づいていきます。
ディナはトゥフィークを夜の町に誘います。
食事の後、ベンチに座って会話を楽しむ大人のふたり。
「オーケストラを指揮するってどんな気持ち?」とディナ。
トゥフィークは言葉ではなく指揮のジェスチャーで答えます。
ディナもそれを真似てふたりでエア指揮。
とても素敵なひととき、至福のシーンでした。

イツィクの家の食卓も落ち着かない雰囲気。
それでも家族と隊員が一緒に歌う「summertime」が
泣かせます。
未完成の「クラリネット協奏曲」を披露した隊員にイツィクが、
協奏曲の最後は、小部屋で赤ん坊が眠るように・・・と
静かにアドバイスするシーンなんて、うまいんだなあ。

ローラースケート場で、女の子にうまく気持ちを
伝えられない男に、若い隊員カーレドが恋の手ほどきをする
3ショットのシーンも音楽と共に最高。

カーレドが吹くトランペットの「my funny valentine」も
深夜の意外な展開のプロローグのようでした。

そしてお別れの朝です。
バイバイと腰のあたりで小さく手を振るシーンは
人と人の距離が少し縮まったかのようで嬉しくなります。
次のシーンでは8人の隊員の姿がぱっと消えて、
まるで夢を見ていたかののように映画は終わります。
もっとずっと見ていたい、地味だけど心に沁みる映画でした。

この映画では、食堂の壁面に飾られた一枚の戦争の写真が
かつて敵対していたことを仄めかす唯一のシーンです。
ひとりの隊員が写真を見つけて気まずそうに
帽子でそっと写真の額を隠します。
あえて過去の苦いエピソードをなくした構成にも
新しいセンスを感じました。
国家間の溝は深くとも、人と人の繋がりって
案外こんな簡単なものかもしれません。
人は寂しがりやで、できればいつも誰かと
仲良くしていたいですもの。
こんなささやかな連鎖が和平に繋がるような気がします。
人を好きになる気持ちも、家族を思う気持ちも皆同じ。
国が違っても、言葉が違っても、神様が違っても、
音楽があれば分かり合える。
分かりきったテーマだけど、その表現の仕方が小粋。
映像もスタイリッシュ。
アマゾンをポチっとしそうになりました。

OLYMPUS XAで撮ったサンドベージュの世界。
誰もいない公園のブランコは
平和な静けさの中に揺れていました。
a0223379_20125330.jpg


ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくんが
にほんブログ村ランキングの応援に駆けつけてくれました。
ありがとう、ふーテトママさん、ふーくん。

ふーくんバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2011-10-11 21:14 | 映画 | Comments(8)
Commented by margaret at 2011-10-11 22:33 x
そんな素敵な映画があるのですね。ぜひ、私も見てみたい。。。
Commented by ishikoro-b at 2011-10-11 23:21
margaretさん。
映画って素晴らしい!と思わせてくれる映画でした。
DVDだと何度も観れて嬉しいです。
ただし28インチスクリーンですが・・・
Commented by くるくる at 2011-10-12 08:41 x
石ころさんのおすすめ映画は映像が綺麗で心にじわーんと
くるものばかりだし、取っておいてまた見たい映画ばかり。
やはり綺麗なものを見ないと脳が腐ります。
10日はありがとうございました〜。うれしかったです〜
Commented by ishikoro-b at 2011-10-12 17:02
くるくるさ〜ん。
映画を見ている間は失業中ってこと忘れますから・・・
イベント、もう少し早く行けばよかった。
でもくるくるさんに会えて嬉しかったです。
また絵本、見つけに行きますね。
Commented by キャリオ at 2011-10-13 08:08 x
イスラエル映画は眼ずらしですね。エジプトとイスラエルはモーゼの時代からの民族対立ですから根が深いのでしょうね。いまだにパレスチナ問題は国連加盟の是非を含めて、一触即発の危険を孕んでいますね。

明日から鳥取に出かけますが、天気が悪いようで大山にはいけないかもしれません。

鏡が成は倉吉からだと大山を通っていくのが良いか蒜山から行くのが良いかどちらでしょうか。

また、大野池はどう行けばよろしいですか。
雨だと無理でしょうか。
Commented by ishikoro-b at 2011-10-13 10:20
キャリオさま。
こんな映画が作られたのも今は平和な時代ってことでしょうね。
鏡が成は倉吉からだと確か関金温泉あたりから
鏡が成へ上がる道があります。
大野池は鏡が成からまた大山方面へ引き返すようになります。
大山寺から観光道路を米子インターに下りる途中、
右方向に逸れるのですが、案内板がありますから
注意して下さい。大野池ではなく大山レイクホテルと
出ていたかもしれません。楽しんで下さいね。
Commented by margaret at 2011-11-02 23:02 x
何と、今宵のBSでやってるー!
Commented by ishikoro-b at 2011-11-03 21:48
margaretさん。
私も直前に気がついて録画しながら見てしまいました。
見れば見る程、味わい深い映画です。
<< 蒜山高原・牛舎のある風景 フィ... 霧の大山・鏡が成 フィルムカメラで >>