東北紀行 花巻・賢治の産湯の井戸とお墓

賢治の母イチの実家に賢治の産湯の井戸が残されていました。
a0223379_20475675.jpg

賢治が生まれたのは1896年8月27日。
東北地方を大きな自然災害が襲った時期でした。
賢治が生まれる2ヶ月前には三陸大津波が三陸海岸を襲い、
生後5日目には陸羽大地震が起きて大災害をもたらしました。
母イチは生まれたばかりの賢治をかばうように
上体をおおい、念仏を唱えていたそうです。
a0223379_2134776.jpg

身照寺の静かな境内の裏に、賢治が眠っていました。
何も刻まれていないシンプルな賢治のお墓に合掌。
卒塔婆の戒名の中に「賢」の文字がありました。
a0223379_20473223.jpg

妹トシと同じ胸の病に倒れ、37歳で亡くなるまで
深い悲しみや苦しみを背負った人々のために
「ほんとうの幸い」を願い、書き行動した賢治。
賢治が生きていたら3.11以降の日本をどうみるのでしょう。
世の中がどんなに変っても、
賢治の根源的で普遍的な作品は、
ずっとこれからも希望の光を放つのだと
改めて感じました。


ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくんが
にほんブログ村ランキングの応援に駆けつけてくれました。
ありがとう、ふーテトママさん、ふーくん。

ふーくんバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2011-12-16 16:53 | 秋の旅 | Comments(2)
Commented by キャリオ at 2011-12-18 10:20 x
宮沢賢治は37歳でなくなったのですね。
その短い人生の中で数表の作品を残しているのが驚きです。
作品がホームページ上でダウンロードできるサイトがありました。
時間がありましたら覗いてみてください。
私も時間があれば覗いてみたいと思います。
Commented by ishikoro-b at 2011-12-20 15:10
キャリオさま。
賢治のサイト、ありがとうございました。
読んだことのない作品がまだまだたくさんありました。
<< 東北紀行 花巻・宮沢賢治記念館 東北紀行 花巻・羅須地人協会 >>