雪の日の思い出−1

数年前、岡山県蒜山高原に一泊した時の写真です。
朝、宿のカーテンを開けると
生きていることを祝福してくれているような
静謐で荘厳な光が純白の雪原を染めていました。
早起きした人へのご褒美のような清らかで美しい朝の光。
雪原にうつろう朝焼けの光を
寒さも忘れて眺めていたことを懐かしい思い出しました。
上の3枚は宿の窓から撮りました。
a0223379_055343.jpg

a0223379_0535337.jpg

a0223379_0564263.jpg

a0223379_053449.jpg

a0223379_0544427.jpg

a0223379_0531935.jpg

a0223379_05755.jpg

a0223379_1122565.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-02-03 12:39 | 冬の旅 | Comments(2)
Commented by serendipity at 2012-02-03 16:30 x
ishikoro-bさま

これぞ、ウィンターワンダーランド! 美しい世界ですね。
しかも、岡山さんですね?
記録的な大雪の被害、「美しい」だととは言ってられませんでしたが…。

p.s.
『ガッジョ…』がお気に召したのなら好きなら、
トニー・ガトリフの『exils』もおすすめです!
わたしはロマン・デュリスが好きなので、
『ガッジョ』を観ましたが、
トニー・ガトリフ監督、好きになりました。
Commented by ishikoro-b at 2012-02-05 23:36
serendipity_jさま。
晴れの国岡山も県北に行くと結構な豪雪地帯と
なるのですよ。
今、頭の中はロマン・デュリスでいっぱい。
『exils』次のレンタル予約に入れようとしたら
ツタヤにはないみたいです。残念。
ぜひぜひ観たいです。
<< 雪の日の思い出−2 映画 ガッジョ・ディーロ >>