ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

ウォーキングとベテルギウス

毎日の日課にしている夕暮れ時のウォーキング。
この季節、暖かい部屋から外に出るのは少々勇気がいりますが
100mも歩けば体はポカポカ。
7000歩を目指して近所を徘徊しています。
見慣れた街の景色にあまりときめきはないけれど
澄みきった夜空にオリオン、シリウス、アルデバラン・・・
そして冬の大三角。お月さまもきれい。
宵の明星、金星も一際大きく輝いて
星空散歩は飽きることはありません。
a0223379_20434456.jpg

ところでオリオン座の左肩に輝く赤い一等星ベテルギウスに
異変が起きているということをご存知でしたか?
ベテルギウスは年老いた星。
ベテルギウスに超新星爆発の兆しが観測されたというのです。
それは星の壮絶な最期、
星が死の時を迎えるということなのです。
私はBSプレミアムの「コズミック フロント」で知りました。
爆発はいつ起きてもおかしくない状態で
明日かもしれないし、100万年後かもしれない。
すでにカウントダウンが始まっていて世界中の天文ファンが
今か今かとその時を待っているのだそうです。
ベテルギウスと地球の距離はおよそ640光年。
宇宙のスケールからすると至近距離なのだそうです。
爆発すると満月のおよそ100倍のまぶしさを放ち、
昼間でも肉眼で観測できるのだとか。
地球への影響は自転軸がずれているので大丈夫とのこと。
大爆発は2つ目の太陽となって夜をこんなふうに
明るく照らすのかもしれません。
a0223379_20514295.jpg

オリオン座はどうなるの?
冬の大三角がなくなるの?
そんなSF映画のような宇宙の大イベント。
星の終わりがまた新しい星の誕生に繋がっていく。
大宇宙の片隅の地球という星に
小さな石ころほどの私が存在している意味も
実感できるかもしれません。
生きている間に是非、観られたらいいなと思います。
その瞬間を見逃すまいとベテルギウスを見つめたら
赤く輝きながらウルウルしてるような
何かが起こりそうな予感もしてきてワクワク。
毎日のウォーキングが楽しくなりました。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-02-10 21:25 | 日々是好日 | Comments(0)
<< 雪の日の思い出−3 冬の光と雪上のドラマ >>