ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ポスターの少年の印象的なブルーの瞳と
よく意味のわからないタイトルに惹かれて
2011年のアメリカ映画 スティーブン・ダルドリー監督作品
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を
観てきました。

予備知識なしで行ったので、
あらら、お父さん役にトム・ハンクス。
お母さん役にサンドラ・ブロック。
これは期待してしまいますね。
一言でいえば、9.11のテロで最愛の父を失った少年の
喪失と再生の物語。
いや〜なかなかよく出来た素晴らしい映画でした。
a0223379_22592385.jpg

高い知能と繊細な感受性を持つオスカーは
高層ビルも地下鉄も街の騒音も苦手。
ブランコにだって怖くて乗れません。
他人とのコミュニケーションも下手なオスカー。
そんな彼を誰より愛し理解してくれたのは父でした。
オスカーの何よりの楽しみは大好きな父と
かつてニューヨークにあった第6区を探す
「探検調査ゲーム」をすること・・・
両親の温かい愛に包まれた穏やかな日々。
しかし・・・
9月11日の朝、ニューヨックを同時多発テロが襲います。
オスカーは突然、父を失うのでした。

遺体のない空っぽの棺で父の葬儀をしようとする母。
納得できないオスカー。
母に怒りをぶつけ、わだかまりを残します。

1年が過ぎても父の死を受け入れることが出来ないオスカー。
ある日、オスカーは父のクローゼットの中から
封筒に入った1本の鍵を見つけます。
その封筒には「BLACK」と書いてありました。
オスカーは父からのメッセージであると確信し
電話帳からニューヨーク中のBLACKさんを探し
鍵穴を見つける「探検調査」の旅に出るのです。

オスカーの部屋の窓から向かいのアパートに暮らす
祖母の部屋が見えました。
いつの間にかそこには間借り人の老人が住んでいて・・・
映画を見ているものにはその老人が別れた祖父だということが
すぐわかるのですが・・・
間借り人の老人はオスカーの「探検調査」の旅の
同行人となります。
老人には辛い戦争体験があり言葉が話せない設定。
表情と身ぶりだけで感情を表現する
マックス・フォン・シドーの演技はいぶし銀の輝き。
左右の手のひらに書いた「YES」と「NO」のやりとりも
素敵なアイデア、お茶目なところも魅力的。
心に傷を負う者同士の「探検調査」の旅は続き、
やがてオスカーはその老人が祖父だと気付くのです。

「探検調査」の途中に挿入される父と過ごした
楽しい日々の回想シーンが涙を誘います。
どんなに辛い時も優しかった父との思い出が幸福な光となって
オスカーを守り照らしているかのようでした。
a0223379_2321118.jpg

やっと見つけた鍵穴は父のメッセージだったのか。
安易な感動が用意されていないのも好印象。
現実は子供にも厳しいのです。

数々の出会いの中から少しずつ父の死を受け入れ、
悲しみを乗り越えていく少年オスカー。

ところで、父と息子の強い絆の前であまりに薄い母の存在感。
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の
不思議なタイトルの意味が終盤、明かされるのです。
a0223379_0475937.jpg

映画の最後はオスカーが苦手だったブランコを漕ぐシーン。
高く高く足が空に届くほど
天国のお父さんに届くほど、高く高く・・・

アメリカ同時多発テロからはや11年。
東日本大震災からまもなく1年の月日が経とうとしてます。
深い悲しみから立ち上がるには勇気と時間がいるでしょう。
愛する人を失うこと、それは本当に苦しく悲しく寂しい。
けれど前に進むしかないのです。
一歩踏み出した少年の勇気を心から応援したくなりました。

この映画は第84回アカデミー賞作品賞にノミネート。
そして老人役のマックス・フォン・シドーも助演男優賞に
ノミネートされました。
本作が映画デビューというオスカー役の
トーマス・ホーン君の演技にもオスカーをあげたい。
26日の発表が楽しみです。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
バナーをクリックするとふーくんにも主演男優賞が・・・
そしてきっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-02-22 00:49 | 映画 | Comments(2)
Commented by 岩清水 at 2012-02-22 04:29 x
見に行かなくては。ネタバレしそうなので記事読みは途中まででした。
Commented by ishikoro-b at 2012-02-22 10:42
岩清水さま。
深夜テンションがあがったままネタバレまで
書いてしまいました。ごめんなさい。
一部修正して再投稿しました。
映画、ぜひ観てくださいね。
<< 島猫に愛をこめて 頭島 蒜山高原冬景色 >>