ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

大山雪解け

醍醐桜のコンサートの後、大山へ向かいました。
待ち遠しかった雪解けの季節、今年初めての大山です。
冠雪の山は気高くて大好き。
「山は北壁だよね」とカッコつけて車を進めると
あらら・・・積雪で北壁は通行止め。
あきらめて西壁から南壁へ廻ることにしました。
西壁の大山は伯耆富士の名のとおり富士山に見えます。
a0223379_2147656.jpg

ぶなの森にはまだこんなに雪が・・・
根回り穴がだんだん大きくなって森に春が来るんですね。
a0223379_21471636.jpg

西壁から南壁が見えてきました。
a0223379_21473247.jpg

観光ルートから外れているので静かに大山を
眺めることができる私のお気に入りの場所です。
a0223379_21483378.jpg

ダイナミックな南壁と小さなネコヤナギのコントラストが
素敵でした。
a0223379_2148753.jpg

a0223379_21475882.jpg

南壁の麓の集落、御机。
ここはカメラマンたちの大山南壁撮影スポット。
この日は誰もいなくて南壁の絵はがきのような風景を
独り占めできました。
a0223379_21484670.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-04-13 00:03 | 春の旅 | Comments(2)
Commented by Grayman Returns at 2012-04-15 19:18 x
浅春は、ネコヤナギの「銀白色の毛」が、心地よいですね(^^♪
春の早い中国地方でも、標高の高い大山の近くは、
やっぱり気温が低いのでしょうね。

「山は北壁~」とのこと、なぜか分かるような気がします。
高名な『世界三大北壁』、映像を観て憧れていても…、
モチロン登ることなど、とうていできませんがァ…p(^_-)-☆
Commented by ishikoro-b at 2012-04-17 00:18
Grayman returnsさま。
ネコヤナギは雪の重みで折れた枝に咲いていました。
「北壁」って響き、私も映像で見たり
麓から眺めるだけなのですがあこがれますよね。
大山は標高こそ低いけれどアルプス的景観を
見せてくれていい山なんですよ。
<< となりのサクラ 醍醐桜とパガニーニ >>