ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

ラッキー・ドラゴン ベン・シャーン展

岡山県立美術館で開催中のベン・シャーン展を観てきました。
観てよかった・・・
絵の力、芸術の力を改めて感じさせられた展覧会でした。
a0223379_14252877.jpg

ベン・シャーン展はこれで2度目。
1981年の「国吉康雄/ベン・シャーン展」から
30年の月日が経ったことに驚きます。
その時に強く印象に残ったのが「二十羽の白い鳩」という作品。
ビキニ環礁水域でのアメリカの水爆実験により被曝した
マグロ漁船第五福竜丸の悲劇をモチーフに制作された
「ラッキー・ドラゴン・シリーズ」の中の一枚でした。
広島、長崎の原爆投下に絶望したベン・シャーンは
50年前にすでに核や原子力が抱える人類規模の問題を
絵によって告発していたのです。
画面の半分以上を埋め尽くす白い鳩と
悲しみに耐える子供の姿がずっと記憶の片隅にありました。

「二十羽の白い鳩」
1981年の「国吉康雄/ベン・シャーン展」の目録より。
a0223379_15225147.jpg

今回の展覧会で「二十羽の白い鳩」の展示はありませんでしたが
「ラッキードラゴン」と題された大きな絵に圧倒されました。
第五福竜丸の乗員・久保山愛吉さんを描いたものです。
死の灰を浴びた男がベッドに腰掛けて持つ一枚の紙きれ。
書かれていたのは名前や漁師であること。
キノコ雲の下を航海中に被曝したこと。
なにが起こったのかわからなかったこと。
そして最後の「私は放射能症で死にました」は衝撃でした。

シリーズの最後にもう一枚印象深い絵がありました。
「なぜ?」とタイトルを付けられた作品です。
キノコ雲を彷彿させる久保山愛吉さんのお墓に置かれた
一輪の美しい菊の花。花の白さが心に沁みました。
なぜ?・・・ベン・シャーンの言いようのない怒りと悲しみは
そのまま私たちの気持ちと繋がっていきます。
久保山愛吉さんのために手向けられた白い菊の花は
今、私たちの心を鎮めてくれるような気がしました。
a0223379_1521818.jpg

ベン・シャーン最晩年の作品、
リルケ「マルテの手記」より「一行の詩のためには・・・」は
リトグラフによる詩画集でした。
豊かな人生経験から生み出されるひとつの芸術。
多くを削ぎ落としたシンプルな線は静かに多くを語ります。
「ひとつの作品を生み出すためには・・・」
ベン・シャーンが最後に辿り着いた美しい境地に
感動せずにはおれませんでした。

「一行の詩のためには・・・」の表紙の絵が使われた
ガラス越しのポスターです。
a0223379_15202644.jpg

社会の不正に目をそらすことなく
社会の底辺で生きる人々の魂の美しさと孤独を
温かいまなざしで描き続けたベン・シャーン。
上のチラシの絵「W.P.A.サンデー」や「解放」など
どの作品も人間愛に満ち、深く胸を打つものばかりでした。
岡山展は5月20まで。さあ急げ!

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-05-16 00:13 | 日々是好日 | Comments(0)
<< 緑と水のある風景 大山 木漏れ日の下で >>