ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 ファミリー・ツリー

今、公開中の映画ファミリー・ツリーを観てきました。
ダメな夫、ダメな父親役のジョージ・クルーニー・・・
カッコ悪いところもまたカッコいいジョージ・クルーニーでした。
監督 アレクサンダー・ペイン
2011年のアメリカ映画です。
a0223379_1311859.jpg

あこがれの楽園・ハワイでの生活
酒飲んでサーフィンしてるんだろって
みんなに羨ましがられるけれど
ここ15年はサーフィンなんかしたこともない・・・
主人公のそんなぼやきから映画は始まります。
どこに暮らしても人生はそんなにラクではないのです。

ジョージ・クルーニー演じる主人公マット・キングは
弁護士の仕事に追われ子育てや家事一切は妻に任せきりでした。
その妻が突然、ボート事故で植物状態となるのです。
快復の見込みのない妻。
医師から生命維持装置を外すことを勧められて
マットは苦悩します。
そして今になって家族と向き合う事になったマットは
反抗的な2人の娘に振り回されるばかりでした。
もう一つ彼の頭を悩ませていたのは先祖が残した
広大な原野のこと。
マットはカメハメハ大王の末裔だったのです。
法律により土地を売却せざるをえない事態に直面し
財産処分の責任者だったマットは決断を迫られていました。

苦悩の日々を癒すかのように流れるハワイアンミュージックと
美しい自然が心に沁みます。

そんなマットに長女の一言が留めを刺します。
「パパは知らないの?ママは浮気してたんだよ」
自分だけが知らなかった衝撃の事実にマットは打ちひしがれます。
しかしこの事が父と娘の心を通わすきっかけとなるのです。
娘たちに不様な姿をさらしながらも
浮気相手の男がどんな男だったか知りたいと思い始めたマット。
長女が頼もしい協力者となりました。
2人の娘と長女のボーイフレンドと一緒に
浮気相手を探すちょっぴり奇妙な旅に出るのです。

なぜハワイが舞台?
なぜカメハメハ大王の末裔の設定?
妻の浮気と先祖が残した土地売却の問題が巧く絡み合って
最後、納得させられます。
すべてを許してひとつになった父と2人の娘が
テレビを見ながら大きなソファーで寛ぐラストシーンは秀逸。
3人の膝を覆うハワイアンキルトが
母の形見のものとわかった時、熱いものが込みあげました。

家族が絆を取り戻すきっかけが
妻(母)の尊厳死だったのは切ないけれど
家族の再生をじっくり丁寧に描いた素晴らしい映画でした。

でも、どこに住んでも辛い人生なら
ハワイで暮らすの、やっぱりいいな。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-05-28 01:42 | 映画 | Comments(3)
Commented by キャリオ at 2012-05-30 17:18 x
「ファミリーツリー」とは家系図のことですね。
歳を重ねると家族のルーツをたどりたくなるものです。
私も父方、母方のルーツを訪ねたことがあります。
先日、テレビで谷原章介がルーツを探しに見原市に行って、墓と3代前までの系図を探し当てた場面が紹介されておりました。感激の場面でした。

「家族の絆」の大切さを感じる基になるのは血のつながりかもしれませんね。
Commented by キャリオ at 2012-05-31 12:38 x
今、ラジオNHKで高梁市の紹介がされています。
高梁市のアイタウンにハチマルチャン号が来ていてライブ放送をしております。
来年の大河ドラマで主人公が高梁市の出身だそうですね。
吹屋小学校の紹介もありました。
高梁紅茶の紹介もされております。
良い故郷ですね。
Commented by ishikoro-b at 2012-05-31 22:16
キャリオさま。
家系図をファミリーツリーと表現するなんて
素敵ですよね。
ルーツを辿っていくと思わぬ人に繋がったり
するのでしょうね。
大河ドラマの主人公が高梁市の出身ですか。
それは楽しみです。
高梁紅茶・・・初耳でした。
<< 倉敷 フィルムカメラで 新緑の書写山圓教寺を訪ねて >>