ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 かぞくのくに

2012年の日本映画「かぞくのくに」映画館で鑑賞しました。

兄が住むあの国
私が住んでいるこの国
近いのに遠いふたつのくに・・・
ニュースでは伝わらない悲しい物語がありました。
a0223379_0352175.jpg

物語は・・・1997年、夏。
日本語学校で講師をしている在日コリア2世のリエ(安藤サクラ)
は、両親と共に、兄ソンホ(井浦新)との再会を
心待ちにしていました。
北朝鮮の帰国事業で別れたままの兄が、病気治療のために
25年ぶりに3ヵ月間の期限付きで日本へ帰って来るのです。

「帰国事業」という言葉をこの映画で初めて知りました。
1959年から20数年間に渡って続いた北朝鮮への集団移住のことで
当時、北朝鮮を「地上の楽園」としたマスコミ報道を信じて、
日本社会での差別や貧困に苦しんでいた多くの在日コリアンたちが
北朝鮮に希望を託して渡ったのだそうです。

監督は在日コリアン2世のヤン・ヨンヒ。
内容のほとんどは、ヤン監督の実体験だといいます。
妹のリエはヤン監督の分身。
リエを中心に、離ればなれになった在日コリアン家族の
悲哀が静かに描かれます。

25年ぶりの再会を喜ぶ家族。
しかし兄ソンホには北朝鮮からの監視人も同行していて
ソンホの口は重く、多くを語ろうとしませんでした。
そしてソンホを移住させたことに後悔を抱く両親。
久しぶりの家族団らんは、明るくもぎこちない空気に
包まれていました。

監視されながらも、かつての同級生たちと会ったり
リエと街を歩いたりして束の間の自由の時を過ごすソンホ。
スーツケースを売る店に入ってソンホはリエに言います。
「おまえ、そういうの持っていろんな国へ行けよ」
ソンホの言葉がズシリと心に重いです。

そんな中、ソンホは検査の結果、脳腫瘍と診断され、
3ヶ月では治療できないと告げらます。
家族は、滞在期間延長を申請しようとしますが
突如、思いがけない知らせが家族に届けられるのでした。
「明日帰国せよ」
理由なんかもちろん告げられない。命令に従うだけ。
ソンホは7日間の滞在しか許されませんでした。

「あの国ではな どう生き延びるか それ以外は考えない 
 思考停止 楽だぞ でもお前は いろんなことを考えて
 好きなように生きるんだ」

治療のために日本へ帰って来たのに、それも叶わぬ帰国命令。
「思考停止」でしか生きられないソンホが悲しいです。
こんな不条理がいまだに解決されていない現実。
それでもソンホはリエに希望を託すのでした。
それはヤン監督自身の祈りの言葉でもありました。

最後、兄を連れ去ってゆく車に追いすがる
リエの姿に、ただただ、涙、涙。
もう二度と会えないかもしれない別れのシーンです。
a0223379_155673.jpg

そして、ささやくように流れるイメージソング。
君は憶えているかしら あの白いブランコ・・・
いつまでも観る者の心を揺さぶるのでした。

離ればなれでも変らない家族を思う心と
価値観の違う社会に生きるもどかしさ・・・
安藤サクラと井浦新の抑えた演技も素晴らしかった。
手持ちのカメラワークや彩度を落とした色調など
ドキュメンタリーのような緊張感がありました。
低予算でもこんな芯の強い映画が作れるんだ・・・
第85回米アカデミー賞・外国語映画賞日本代表に決定!
おめでとうございます。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-09-16 01:09 | 映画 | Comments(2)
Commented by キャリオ at 2012-09-19 14:40 x
平和と自由の国、日本では考えられないことでしょうが、今も来た朝鮮では映画のような不条理なことが起こっているのでしょうね。
身につまされることですね。
Commented by ishikoro-b at 2012-09-19 23:00
キャリオさま。
知らないことばかりで恥ずかしくなります。
政治批判ではなく人間ドラマで見せてくれる映画は
より胸に迫るものがありますね。
<< 熊押し谷の小さな滝 天高くコスモス揺れて >>