ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 ミッドナイト・イン・パリ

ウッディ・アレン監督の「ミッドナイト・イン・パリ」を
観ました。
真夜中のパリに魔法をかけたウッディ・アレン。
オシャレで知的、彼らしいユーモアに満ちた
大人のための至福のロマンチック・コメディーでした。
a0223379_0445320.jpg

エッフエル塔、セーヌ川、モンマルトル、凱旋門、ルーブル・・・
冒頭、憧れのパリの風景が心地よい音楽とともに写し出されて
それだけでも、舞台装置は完璧と思わせてくれます。

ハリウッドの売れっ子脚本家、ギルは
婚約者イネズと一緒に、パリにやってきます。
ギルは、いつか憧れのパリに移り住んで
小説を書くことを夢見ていましたが
イネズは現実的で、ギルの夢に無関心でした。
ふたりの関係は少しずつ、すれ違っていくのです。
a0223379_0535310.jpg

ある日レストランで、イネズの大学時代の男友達、ポールと
ばったり出会います。ポールは知識人。
ギルは何かにつけて蘊蓄を語るポールにうんざりでした。
夜、踊りに行こうと誘うポールに、イネズは賛成しますが
ギルは断って、ひとりパリの裏町を彷徨うのでした。

道に迷い、フランス語も話せなくて途方にくれるギル。
その時、時計台の午前0時の鐘が鳴り響くのです。
そして現れたクラシカルな黄色いプジョー。
誘われるがままに乗込んだ車の向かった先は
パーティーで盛り上がる古めかしい社交クラブでした。

ピアノの弾き語りはコール・ポーター。
ギルに挨拶するのはスコット&ゼルダのフィッツジェラルド夫妻。
パーティーの主催者はジャン・コクトーで
ここは彼の家だと聞いて、ギルは自分の目を疑います。
ギルは1920年代、ゴールデン・エイジのパリに
いつの間にか迷い込んでいたのでした。

パーティーを抜け出し、フィッツジェラルド夫妻が
ギルを案内した店には、ギルが憧れてやまない
ヘミングウェイが座っていました。
自分の書いた小説を読んでほしいと頼むギル。
ヘミングウェイは、知り合いのガートルード・スタインを
紹介しようと言うのでした。
慌ててホテルへ原稿を取りに帰るギル。
しかし店のあった場所に戻ると
そこはコインランドリーに変っていました。

2010年のパリと1920年代のパリを行き来するギル。
翌日、信じてくれないイネズと一緒にプジョーを待つのですが
車はなかなか現れず、イネズは先にホテルへ帰ってしまいます。
するとそこへ、黄色いプジョー。
ヘミングウェイがギルを迎えに来たのでした。
ガートルード・スタインのサロンにはピカソがいました。
同席していたピカソの愛人、アドリアナの美しさに
ギルは惹かれてしまうのです。

次の夜もまた、ギルは出掛けて行くのでした。
そしてアドリアナの紹介で、サルバドール・ダリや
マン・レイなど様々な芸術家と出会うのでした。
a0223379_0553656.jpg

アドリアナとギルは恋に落ちました。
ふたりはアドリアナが憧れる1890年代、ベル・エポックの
時代にタイムトラベルするのです。
そこにはロートレックやゴーギャン、ドガがいて
旧き良きルネサンスを語っていました。

そして、ギルは気付くのです。
それぞれの時代に、それぞれが憧れる黄金時代があるとするなら
生きている今こそを、自分の黄金時代にするのだと。

ギルとイネズは、ギルとアドリアナの仲はどうなるのでしょう。
最後の雨降る橋の上のシーンは、甘酸っぱいデザートを
食べた後みたいに、とても幸せな気持ちになりました。

パリに集った作家や芸術家が次々登場するたびにニンマリ。
贅沢な気分を味わうことができました。
そして、俳優たちのそっくりさんぶりが楽しい。
写真で見た顔と雰囲気もよく似ていて、本当に凄いのです。
エイドリアン・ブロディの演じたサルバドール・ダリなど
お〜と唸るほどのインパクトありました。
私に、当時の芸術家や作家に対する造詣が深ければ
もっともっと笑えたり、楽しめた作品なのでしょうね。

自分の人生も黄金時代のようにと(無理ですけど)
思わせてくれた、愛すべき映画でした。

夜道を歩いていて、傍に車が止まっても
決して乗ったりしないでくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督: ウッディ・アレン
脚本: ウッディ・アレン
製作年/国: 2011年 スペイン/アメリカ  
原題: Midnight in Paris
出演: オーウェン・ウィルソン
   キャシー・ベイツ
   マリオン・コティヤール
   レイチェル・マクアダムス
   カーラ・ブルーニ
   エイドリアン・ブロディ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-10-17 01:36 | 映画 | Comments(4)
Commented by キャリオ at 2012-10-17 13:01 x
素敵な映画のご紹介をありがとうございます。
今年のアカデミー賞作品ですね。
時間があれば見てみたいと思います。
Commented by ishikoro-b at 2012-10-18 23:08
キャリオさま。
ウッディ・アレンの映画はちょっと癖がありますが
この作品はよかった。
いい感じに歳を重ねたのだと思いました。
Commented by 梅サクラ at 2012-10-18 23:49 x
こちらにも、再再度コメントを・・・。
映画がお好きなのですね!
私も写真ブログをしているけど、映画大好き人間です。
この映画は映画館で観ました。
ワインを飲んだように、甘くて、酸っぱくて、素敵な作品でしたね。
本当に知っている名前が次々と出てきて、生きている。
夢の様でした。
そうですね。ウッディ・アレンは癖があるけど、この作品はご自身も出演していなくて、却って良かったですよね♪
マリオン・コテアールは、やっぱりフランス人女性ですね。
パリの街が良く似合いました!!

P☆!
Commented by ishikoro-b at 2012-10-19 14:36
梅サクラさま。
再々度、感謝感激です。
ウッディ・アレンはどちらかというと苦手でしたが
この作品は本当に素晴らしかったです。
本当に夢のようでした。
マリオン・コテアール、エディット・ピアフも。
魅力的な女優さんですよね。
<< 我が家の秘宝、遮光器土偶 東京・旧岩崎邸を訪ねて  >>