ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

ヴェロニカ・ベルシカ

日本の春の花としてすっかりお馴染みのオオイヌノフグリ。
明治の頃、ヨーロッパから日本に渡ってきた
帰化植物なのだそうです。
学名はヴェロニカ・ベルシカ(veronica persica)
ヴェロニカは十字架を背負ってゴルゴダの丘へ向かう
キリストの汗や血を拭った聖女の名前。
瑠璃色の小さな花びらはキリストの涙でしょうか。
和名は、なぜか実が犬のふぐりに似ているところから。
すごい観察力とユーモアから生まれたネーミングですね。
地方によっては別名「星の瞳」とも呼ばれています。
子供のころ、花びらを集めて遊んだものです。
ちょっと強く触れるとポロッと花を落として・・・
子供ごころに命の儚さを感じさせてくれた花でした。
a0223379_1541410.jpg

a0223379_1545388.jpg

a0223379_1544213.jpg

a0223379_121199.jpg

a0223379_1555468.jpg

a0223379_1542427.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-03-30 01:11 | 春の野の花 | Comments(0)
<< 雨とさくらと カタクリ咲いて >>