ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 道

1954年のイタリア映画、フェデリコ・フェリーニ監督作品
「道」をDVDで観ました。
哀愁帯びたニーノ・ロータの映画音楽を聴くだけで
観る者も「道」の同行者となります。

石ころだって何かの役に立っている。
無用なものなどない。星だって、君だってそうだ・・・

何度、このセリフに勇気づけられたことか。
心の小石をギュッと握りしめたくなる、不朽の名作です。

ネタばれ注意。
a0223379_1331151.jpg

海辺の貧しい村。
浜で棒切れを拾うジェルソミーナを、妹たちが呼びに来ます。
母ちゃんが呼んでる、大きなバイクが来ているよ
ローザが死んだんだって・・・
母の元へ走り出すジェルソミーナ。
そこには、姉のローザを連れて行った旅芸人
ザンパノが立っていました。
ジェルソミーナは、ローザの代りに、口減らしのために
ザンパノに売られていくのでした。

おれなら犬でも仕込めると豪語するザンパノ。
ザンパノは粗野で欲深く、暴力を奮うことでしか
自分を表現することができない不器用な男でした。
愛したことも愛されたこともない人生・・・
モノクロ画面から、彼の深い孤独が伝わってきます。

ジェルソミーナはムチで打たれながらも芸を覚え
ザンパノに健気に従うのでした。
幌付きバイクのふたりの生活に、ささやかながら幸せを
感じ始めたジェルソミーナ。
旅から旅の人生なのに、荒れ地にトマトの種を蒔くシーンが
たまらなく切ないです。

ザンパノの芸は、胸の筋肉で鉄の鎖を引きちぎるというもの。
稼いだお金は、女や酒に消えていきます。
ザンパノはジェルソミーナを平気で裏切るのでした。
ローザも同じように、傷つき死んでいったのでしょうか。
愛想をつかしたジェルソミーナは、家へ帰ると言い残して
出て行くのでした。

辿り着いた街はお祭りで盛り上がり
ちょうど綱渡りのサーカスが催されていました。
ショーを無事終えて、地上に降りた綱渡り芸人と
視線が合ったジェルソミーナは、乙女心をときめかせるのです。
そしてまた、夜の街にひとり取り残されたジェルソミーナ。
そこへザンパノのバイクの音が鳴り響くのでした。

ザンパノのバイクに無理矢理乗せられ
着いたところはサーカスの興行地。
どこからか聴こえて来るヴァイオリンの音色に引き寄せられた
ジェルソミーナは、そこでお祭りの夜の綱渡り芸人と
再会するのでした。
煙草を吸いながら綱渡り芸人が弾くヴァイオリン。
「ジェルソミーナのテーマ」が美しく心に沁み渡ります。

ザンパノと綱渡り芸人は、古くからの知り合いらしく
なぜか執拗に綱渡り芸人はザンパノをからかうのでした。
何も語られないけれど、ローザの死と関係あるような気もします。
逆上したザンパノは、ナイフを持って綱渡り芸人を追いかけ
結果、逮捕されてしまうのでした。

綱渡り芸人もサーカスの皆も、一緒に行こうと
ジェルソミーナを誘います。
私は何の役にも立たないと嘆くジェルソミーナに
綱渡り芸人は、昔、本で読んだ小石の話を語るのでした。
小石を宝物のように手に取り眺めるジェルソミーナ・・・
そういえば、綱渡り芸人のコスチュームには
天使の羽根が付いていました。
人生、だれかの一言で、救われたりすることがあります。
その言葉には見えないけれど
きっと天使の羽根が付いているのでしょう。

「僕と一緒にくるか?」綱渡り芸人の一言に
ジェルソミーナの心が揺れます。
ザンパノの出所の日、綱渡り芸人はジェルソミーナを乗せて
幌付きバイクを留置所の前まで、送り届けるのでした。
なんという、優しい計らい。やっぱり天使ですね。
ザンパノの心の底の悲しみを知っているジェルソミーナは
ザンパノを見捨てることはできませんでした。
綱渡り芸人も、そのことに気付いていました。
「ジェルソミーナのテーマ」を口ずさみながら
ちょっとカッコつけて「チャオ」と笑顔で去っていく
綱渡り芸人の姿もまた寂しげで、涙が溢れます。

ザンパノの出所を温かく迎えるジェルソミーナ。
ふたりの幌付きバイクの旅がまた始まりました。
ザンパノと結婚してもいいとさえ
思えるようになったジェルソミーナ。
けれど、雨を凌ぐために世話になった修道院で
ザンパノの人の道に外れた行為がまた
ジェルソミーナの心を深く傷つけるのでした。

そして後日
ザンパノは取り返しのつかない罪を犯してしまうのです。
偶然、通りかかった道で故障車を修理している綱渡り芸人に
出くわし、仕返しする機会を待っていたかのように
ザンパノは綱渡り芸人を殴り、誤って殺してしまうのでした。
亡骸も車も、事故を装うかのように川に捨て逃げて
何事もなかったように逃避行を続けるのです。

ジェルソミーナの心は壊れ、身体も次第に弱っていくのでした。
綱渡り芸人は「ザンパノに付いててやれ」と言ってくれた恩人。
その人を殺めて、罪を償うこともなく、気楽な人生を
貫こうとするザンパノを、ジェルソミーナは許せなかったのです。
小さな幸せさえ掴むことできないジェルソミーナの運命。
「またふたりでやろうな」と、何かと元気づける
ザンパノの優しい言葉が虚しく空回りするのでした。

正気を取り戻したかと思うと、また泣き出すジェルソミーナ。
ついに持て余したザンパノは、眠っているジェルソミーナを
置き去りにするのでした。
綱渡り芸人に教わった「ジェルソミーナのテーマ」を奏でた
ジェルソミーナ愛用のラッパと僅かなお金を残して・・・

この映画を何度か見返すと
最初の頃は気付かなかったことが見えてきます。
「いいところね」・・・
久しぶりに正気を取り戻したジェルソミーナが荷車から降り
雪が残る廃村の景色を眺めて呟く不思議な言葉です。
それは、きっと別れにふさわしい場所ということ。
身に付いたホコリを、軽くはらうような仕草は
身を清めているのでしょうか。
冷たい地面に布を敷いて静かに身を横たえ眠るジェルソミーナ。
ザンパノに置き去りにされたのではなく
ジェルソミーナがザンパノに別れを告げたシーンのようにも
見えました。

数年後、ザンパノは海辺のサーカスの興行地で聞き覚えのある
メロディを耳にします。
それは、あの「ジェルソミーナのテーマ」でした。
尋ねると、ラッパでこの曲を吹いていた若い娘が
寂しく死んだというのです。
ジェルソミーナの天使のような優しさに
やっと気付いたザンパノ。
ザンパノもジェルソミーナを愛していたのです。
生まれて初めて知る、愛する人を失った悲しみと孤独。
酒場で荒れ狂ったザンパノが、夜の海辺で天を仰ぎ泣き崩れる
最後のシーンは、あまりに辛く悲しく言葉もありません。
ローザも綱渡り芸人も、そして愛するジェルソミーナも
みんな海の底へ消えてしまいました。

波が悲しみを鎮めるかのように、寄せては引いてゆきます。
海辺に始まり、海辺で終わる名もない石ころたちの物語。
存在してるってことが、何かの役に立っている・・・
人は愚かで悲しい生き物です。
だから人恋しくなるのですね。

あなたの心に石ころがコロコロ転がっていきますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督 : フェデリコ・フェリーニ
脚本 : フェデリコ・フェリーニ トゥリオ・ピネッリ 
    エンニオ・フライアーノ
原題 : LA STRADA
製作年/国 : 1954年 イタリア 
出演: ジュリエッタ・マシーナ/ジェルソミーナ
    アンソニー・クイーン/ザンパノ
    リチャード・ペースハート/綱渡り芸人
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-05-17 13:48 | 映画 | Comments(4)
Commented by マッチョ at 2013-05-18 05:46 x
凄いですね~
映画のシーンをこれだけはっきり覚えてることは
よっぽど映画がお好きなんですね~

一様全て読みましたが、石ころのルーツが分かったような気がします。
私の女房も本と映画が好きで、休みには外へ出るよりツタヤから借りた
DVDを見ていますよ。だから、いつも私と一緒に行動できないんですよ。
Commented by ishikoro-b at 2013-05-20 11:36
マッチョさま。
この映画はBSで放送されたものをDVDに録画して
何度も観ました。好きな映画は何度観ても
新しい発見があります。
映画でも本でも野遊びでも、心に残る一行、
ワンシーンに出会えたら幸せですね。
Commented by スズラン at 2013-05-22 22:25 x
こんばんは、はじめまして。
ふーテトママさんのところからオジャマしました。
『道』、この映画はずいぶんむかし、テレビで見たことがありましたが、そのときは内容がピンとこなくて
「ヘンなおじさんが若い娘をいじめている」ぐらいの印象でした。 (お恥ずかしい。。)
今、石ころコロコロさんのお話を読ませていただいて、
やっと、合点がいった次第です。
映画よりも、こちらのブログのほうがわかりやすくて、
ほんとに見たような気分になれました!!
深い味わいのある名画なのですね。

アンソニー・クイーンといえば『アラビアのロレンス』にも出演していて、私はこちらのほうはとても印象に残り、名優だなーという記憶があります。

「石ころコロコロ」さんというお名前も
ステキですね。 きっと暖かい心の優しい方なのでしょうね(^0^)/
Commented by ishikoro-b at 2013-05-23 01:03
スズランさま。
ふーくんの取り持つ縁、嬉しいです。
コメント、ありがとうございます。
最初「道」を見た時の印象は、私もそうでした。
見返す度に、みんなギリギリで、寂しくて哀しくて・・・
心を掴まれたって感じです。
ついウルウルと感動の方が先走ってあらすじを
書いてしまいました。いつものことですが。
でも「名画」にネタばれなんて、意味ないですよね。
アラビアのロレンス、そうでしたね。
ジュリエッタ・マシーナはフェデリコ・フェリーニの
奥さんなんだそうですよ。
また、コロコロ転がって来て下さいね。
<< 飛行機雲 文旦と聖五月 >>