川霧につつまれて

いつも、この赤い橋の景色にさしかかると
幼い頃、祖母に連れられて、対岸にある親戚の家のお祭りに
行ったことを懐かしく思い出します。
その頃はまだ、赤い橋は架かっていませんでした。
秋の夕暮れ、祖母とふたり、粗末な舟着き場から対岸に向かって
「おーい」と叫ぶと、向こうから提灯の明かりを揺らして
小さな川舟が迎えに来てくれたのでした。
その後のお祭りのごちそうのことも、泊まったことも
すっかり忘れてしまいましたが、なぜか、川舟の光景だけは
私の原風景として、今も心に焼き付いているのでした。
a0223379_15291015.jpg

a0223379_1624055.jpg

a0223379_15284025.jpg

a0223379_16145184.jpg

a0223379_1532283.jpg

a0223379_15315867.jpg

a0223379_1633460.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-06-25 01:16 | 夏の旅 | Comments(2)
Commented by キャリオ at 2013-06-25 10:48 x
川は高梁川でしょうか。
渓谷に掛かった赤いつり橋が魅惑的ですね。
童話の国にあるような光景です。
梅雨上がりの渓谷の様子が迫りくるようで素晴らしいですね。
Commented by ishikoro-b at 2013-06-26 00:04
キャリオさま。
高梁川支流の成羽川です。
濃霧につつまれて、刻々と表情を変えてゆく
幻想的な景色に見蕩れました。
<< 梅雨の晴れ間に あじさい色の雨 >>