ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

小堀遠州の庭 頼久寺を訪ねて

いつでも行ける距離にあるというのは
なかなか行く機会が少ないものです。
私の田舎、高梁市の頼久寺もそのひとつ。
拝観料300円のせいかもしれませんが・・・
母を病院へ連れて行った時間待ちに
かれこれ20年ぶりでしょうか、頼久寺庭園を訪ねてみました。
頼久寺は暦応二年(1339年)足利尊氏が安国寺として
建立させた禅寺のひとつ。
その中にある枯山水庭園は小堀遠州の初期(1605年頃)の
作庭として有名で、国の名勝にも指定されています。

はるかに望む愛宕山を借景に、白砂の海、石組みの島。
そしてサツキの大刈込みで表現した青海波。
計算された絶妙な配置が美しいです。

書院の縁側に座って眺める枯山水の静かな世界・・・
禅宗の高い精神性と美意識が心を満たしました。

a0223379_23491925.jpg

a0223379_23493269.jpg

a0223379_23501696.jpg

a0223379_23503099.jpg

a0223379_23505935.jpg

a0223379_23511359.jpg

a0223379_23512615.jpg

a0223379_2351396.jpg

a0223379_23521751.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-10-25 00:17 | 秋の旅 | Comments(2)
Commented at 2013-10-26 23:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ishikoro-b at 2013-10-28 01:40
margaretさま。
頼久寺をご存知とはかなりマニアックな岡山通ですね。
パパさん南区とは、ご近所かも。
不思議な縁ですね。
ご希望の場所ご案内しますから、ぜひおいで下さいね。
<< おはよう!シマトネリコ 倉敷秋景色-4 2013 >>