ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

「一寸法師」のモデルとなった粟島神社を訪ねて

米子水鳥公園のすぐ手前にある粟島神社へ立ち寄ってみました。
こんもり小さな鎮守の森・・・気になりますよね。
水鳥公園からも、山上に社殿の千木が見えて
いつかゆっくり訪ねて見たいと思っていたのでした。
昔は中海に浮かぶ小島だったそうです。
a0223379_12241726.jpg

まっすぐ天空に向かって伸びる参道の石段は187段・・・キツそう。
地元の高校生が甲子園を目指して何往復も。
コーチの「止まるな!がんばれ!」のかけ声に背中を押されながら
野球部員の足手まといにならないよう、ゼーゼー登ったのでした。
a0223379_21585451.jpg

山上の境内は静謐な空気に包まれていました。
祭神は「少彦名命」で、大国主神と共に国を開いた神様です。
手のひらに乗る程の小さな神様で、おとぎ話「一寸法師」の
モデルとなりました。
すべきことを終えた少彦名命が粟の茎をしならせてピョーンと
常世の国に渡ったことから「粟島」の名があるそうです。
お椀を伏せたような鎮守の森のかたちは
少彦名命のイメージにピッタリでした。
a0223379_2159624.jpg

a0223379_21593878.jpg

a0223379_220993.jpg

a0223379_2202632.jpg

a0223379_2203782.jpg

本殿の裏からは米子水鳥公園が一望できました。
粟島神社は秋月の名所。
ここからの月はさぞ美しいことでしょう。
a0223379_221790.jpg

そして石段を下ってふもとへ。
a0223379_2212266.jpg

中海に面した鎮守の森の外周を右へ回り込むと
不思議な伝説を残す岩や洞窟がありました。
道が二手に別れていて、まず右へ行くと・・・
a0223379_2213735.jpg

「お岩さん」と呼ばれる岩がを祀る質素な祠がありました。
少彦名命が粟島に上陸した際、ヤレヤレと最初に手をついた
岩なのだとか。
a0223379_221524.jpg

左へ進んで行くと八百比丘尼の伝説が伝わる「静の石屋」の洞穴が。
不老不死の人魚の肉を食べてしまった娘が尼となり
世をはかなんで800歳になるまでこの洞穴で暮らしたそうです。
万葉集にもこの地が「志都の石屋」として詠まれているとのこと。
a0223379_222423.jpg

米子水鳥公園へ行かれる際は、ちょっぴりスピリチュアルな
気分も味わえる粟島神社もセットでどうぞ。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-12-14 13:00 | 冬の旅 | Comments(0)
<< 山陰の古刹 清水寺を訪ねて コハクチョウを探して >>