ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 世界の果ての通学路

私が子どもの頃住んでいた村には学校がありませんでした。
幼稚園も小学校も隣の町まで山を越え、子どもの足で片道約1時間30分
山道をテクテク歩いて通いました。
小学1年生で転校するまで、雨の日も雪の日も集団登校の子の後ろに
くっ付いて、今思うとよく歩いたものです。
幼稚園はお寺で、住職夫妻が先生の寺子屋みたいなところでしたが
私は幼稚園の2年間、1日も休まず通ったのでした。
皆勤賞は雑誌の付録だったことをよく覚えています。

通学路の楽しみは何と言っても帰りの道草でした。
小さな蕗の葉っぱを丸めては湧き水を掬い喉を潤し
大きな蕗の葉っぱを急な雨の傘代りにしたり
雨宿りのお堂で聞いたきつねに騙される話や
人浚いに酢を飲まされてサーカスに売られる話は
興味あるものの子ども心に恐怖でいっぱいでした。

これからご紹介する映画を前に私の通学路の体験など
恥ずかしいかぎりなのですが
それでも一コマ一コマが映画のワンシーンのように大切な思い出で
道草の中にも学ぶことがたくさんあったと心から思えるのです。
a0223379_2351168.jpg

映画「世界の果ての通学路」は世界の辺境に住む4組の子どもたちが
遠く離れた学校へ通う姿を追ったフランス発のドキュメンタリー映画です。

学ぶことはここから始まっている・・・それを示唆するかのように
ケニアの少年が地面をかき分けると水が湧き出してくるシーンから
映画は始まります。
少年は湧き出した水を掬って飲み、顔を洗います。
そして家まで水を汲んで帰り、洗濯をしてから学校へ行くでした。

ケニアの少年ジャクソンは11歳。
毎日妹を連れて片道15キロ、2時間、野生生物との遭遇を
回避しながらサバンナを小走りに学校へ通います。
野生動物の中で、とりわけ象が子どもたちの恐るべき存在。
ジャクソンは小高い丘から象の群れを観察し進路を決めます。
命がけの通学路が高い知性を判断力を養います。
ジャクソンの夢はパイロットになること。
a0223379_23514855.jpg

アルゼンチンのカルロスは11歳。
羊飼いの仕事を終えてから妹と愛馬に乗って片道18キロ、1時間30分
見渡す限り人のいないパタゴニアの険阻な山や平原を毎日学校に通います。
馬のキベリトとは大の仲良し。石ころだらけの
危うく滑りそうな道だって冷静沈着にバランスを取りながら進むのです。
カルロスもまた、ジャクソン同様頼りになるやさしいお兄ちゃん。
カルロスの夢は放牧民になること。
a0223379_23523995.jpg

モロッコのザヒラは12歳。
女性の教育には前向きではないイスラムの辺境の村。
標高3千メートルの高地の通学路を夜明けに起きて、2人の友と
毎週月曜日、片道22キロ、4時間かけて全寮制の学校に通います。
そして金曜夕方、同じ道を歩いて家へ。
道中、バッグから顔を出した鶏はどうなるのかと思っていたら
途中の市場で物々交換、お菓子に換えるのでした。
ザヒラの夢は教師になること。
a0223379_23525856.jpg

インドのサミュエルは13歳。
生まれつき足が不自由で歩けないサミュエルを2人の弟が
オンボロ車椅子に乗せて前から後ろからサポート。
片道4キロ、1時間15分の道程を通うのです。
通学路はトラブルの連続ですが、どんな困難も3人の強い絆と
底抜けの明るさで乗り越えていくのでした。
学校に着いたら同級生たちが集まって来て弟たちに代りサポート。
感謝の心を忘れないサミュエルの夢は医師になって自分のような
子供を救うこと。
a0223379_23531480.jpg

粗末な靴で大地を踏みしめ、走って走って、歩いて歩いて・・・
子どもたちの通学路は旅そのものでした。
大自然というリアリティーが子どもを逞しく育てます。
困難や試練が知恵を磨いていきます。
貧しいながらも学ぶことができる幸せを精一杯噛み締めて
学校へ通う子どもたち。
無事を祈り子どもたちを見送る親たちの姿にもまた
胸が熱くなりました。
子どもたちは何故ここまでして学校に通うのか?
それは「夢を叶えたいから」
勉強して家族や困っている人を助けたいと語るのです。
パイロット、放牧民、教師、医師・・・
その夢を語る子どもたちの澄んだ瞳の美しいこと。
子どもたちの聡明な知性と豊かな心が
いつかきっと多くの人を幸せにする日が来るでしょう。
子どもは希望。
彼らの夢が叶う平和な世の中が続くことを
祈らずにはいられませんでした。

岡山シネマ・クレールで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督 : パスカル・ブリッソン
原題 : Sur le chemin de l'ecole
製作年/国 : 2012年 フランス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2014-08-06 00:31 | 映画 | Comments(0)
<< 映画 パガニーニ 愛と狂気のヴ... 彩雲 >>