ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト

台風一過の空の下、自転車こいでまた映画を観に行ってきました。
悪魔のヴァイオリニストと呼ばれたニコロ・パガニーニの半生を
描いた映画です。
a0223379_035106.jpg

この映画が凄いところは、パガニーニを演じるのが
ドイツ人天才ヴァイオリニストのデビッド・ギャレット。
5億円ともいわれる名器ストラディヴァリウスで奏でる
超絶技巧の名曲の数々・・・
吹き替えなしの本物の演奏の迫力は、演奏シーンを
観るだけでも感動ものでした。
その上ヴァイオリンだけでなくベッドシーンも・・・
堂々たる演技力とカリスマ性は天才ヴァイオリニストの自信から
来るのでしょうか。
俳優デビュー作とは思えないほどの存在感を見せてくれます。
不道徳な男が美しいのです。
彼がいたからパガニーニの映画化が実現したのでしょう。
まずはデビッド・ギャレットが弾く「奇想曲」をご覧あれ。

19世紀のイタリア。
パガニーニはオペラの幕間のしがないヴァイオリン弾きでした。
聴衆の心を何とか捉えようとするするものの
聴衆は彼の演奏に見向きもせずおしゃべりばかり・・・
パガニーニは才能を認められず酒浸りの日々を送っていました。

ある日ホールでパガニーニの演奏を聴いた男ウルバーニは
彼の類いまれなる才能を見抜くのです。
そして強引にマネージャー契約を結ぶのでした。
凄まじいヴァイオリンテクニックで聴衆を魅了するパガニーニに
ウルバーニは「悪魔に魂を売り渡した」伝説をまとわせ
世界に売り出そうとするのでした。
a0223379_0353773.jpg

ウルバーニの目論みは大成功。チケットは飛ぶように売れ
パガニーニの人気はヨーロッパ中に広まります。
噂を聞いた指揮者ジョン・ワトソンは私財を投げ売って
パガニーニのロンドン公演を企画するのでした。

霧(スモッグ)に煙るロンドン。
パガニーニの滞在先には女性ファンが殺到。
一方で「悪魔の崇拝者」「女を惑わす男」とパガニーニを非難する
女性人権団体の抗議デモ隊も加わってパガニーニの行く先は
大混乱が巻き起こるのでした。

そんなパガニーニに指揮者ジョン・ワトソンは自宅の一室を提供します。
パガニーニはここでワトソンの娘で歌手志望のシャーロットと出会い
ふたりは恋に落ちるのでした。
シャーロット役、アンドレア・デックの歌うアリアと
パガニーニ役、デヴィッド・ギャレットのヴァイオリン。
このシーンの素晴らしいことといったら・・・
アリア「愛しい人よ」・・・映画のワンシーンも垣間見ることができます。

この映画の史実と伝説を巧みに盛り来んだ演出は見事でした。
酒に女、ギャンブルと何かとスキャンダラスなパガニーニ。
公演の前日に大切なヴァイオリンを平気で賭けに投じるのです。
楽譜を公開しなかったパガニーニの秘密主義も
悪魔的なイメージに繋がったのかもしれません。
パガニーニの演奏中に必死に譜面を書き起こす聴衆の姿も印象的でした。
そしてパガニーニの風刺画でおなじみの一本弦奏法。
酒場で一本になった弦でのデヴィッド・ギャレットの
曲弾きシーンも圧巻でした。

さてさて
初のロンドン公演の大成功をおさめたパガニーニでしたが
悪魔に魂を売った男の恋の結末はいかに?
ウルバーニとの契約を解いたその後のパガニーニは?
映画館でぜひご覧ください。
a0223379_0352135.jpg

私のパガニーニ体験といえば1964年のパガニーニ国際コンクールで
日本人初、第2位入賞を果たした日本を代表するヴァイオリニスト
久保陽子さんの演奏を岡山で何度か聴く機会に恵まれました。
劉生容記念館のホールや醍醐桜の樹の下、西大寺観音院の講堂や
玉井宮の拝殿でのコンサートなど、久保さんの傍で
ストラディヴァリウスが奏でるパガニーニの24の奇想曲の
何曲かを堪能できたことはとても幸せなことでした。
演奏の前後にはパガニーニの曲が演奏者にとっていかに
難易度の高い曲か、超絶技巧を丁寧に解説して下さって
クラシックに疎い私にとってはとても興味深いものでした。
超絶技巧と聞くだけで、最初は尻込みしていた私でしたが
9番や24番など実に耳に馴染む旋律で、24の奇想曲は
テクニックだけでなく人の心を捉える深い音楽性も
持ち合わせているが故に名曲なのだと遅ればせながら思ったのでした。

それにしてもヴァイオリンの音色は何て表現力豊かで魅惑的なのでしょう。
私は演奏者がヴァイオリンを構えて最初の一音を出す前の一瞬の間が
たまらなく好きです。
それは天から音楽が降りて来る一瞬なのかもしれません。
デヴィッド・ギャレットのヴァイオリンの一音の前の一瞬・・・
鳥肌ものです。セクシーです。
岡山シネマ・クレールは8月22日金曜日まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督 脚本 撮影 : バーナード・ローズ
制作総指揮 音楽 : デビッド・ギャレット
原題 : Paganini: The Devil's Violinist
製作年/国 : 2013年 ドイツ
出演:デビッド・ギャレット
   ジャレッド・ハリス
   アンドレア・デック
   クリスチャン・マッケイ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日から帰省のため、しばらく留守にします。
いい映画を観たから田舎で待ち受ける様々な試練にも
きっと耐えられるでしょう。(笑)
皆様もお体に気を付けて、素敵な思い出をたくさん作って下さいね。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2014-08-12 13:32 | 映画 | Comments(2)
Commented by sara at 2014-08-25 01:54 x
バガニーニ。
好きなので観に行こうと思っていましたが仕事と帰省で観逃してしまいました。残念(+o+)
Commented by ishikoro-b at 2014-08-26 00:31
saraさま。
大スクリーンで是非観ていただきたかったですね〜。
21世紀のパガニーニ、デビット・ギャレットが最高に
素敵でしたよ。ウットリ・・・
<< 夏の終わりの草花たち 2014-1 映画 世界の果ての通学路 >>