ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 Mommy/マミー

最近の音楽とかファッションとか、もう若い人にはついていけないと
つい尻込みしがちになりますが・・・
26歳のカナダの映画監督、グザヴィエ・ドランの才能は
毎回、そんな私の心を打ちのめしてくれます。
最初に見たのが「私はロランス」・・・これが衝撃でした。
性同一性障がいに悩む主人公と、恋人の女性との10年にわたる
切ないラブストーリーでしたが、何と言ってもその抜群の映像センス!
空から洗濯物が降ってくるシーンは、今も鮮やかに脳裏に甦ります。
23歳の時の監督作品と知り、若い才能に震えました。

それから、19歳での監督デビュー作「マイ・マザー」のDVDを借りて
昨年は映画館で「トム・アット・ザ・ファーム」も観ることができました。
作品ごとに進化し、名を高めていくドラン監督の想像力。
監督だけでなく俳優、制作、脚本、編集、衣装までこなすのですから
才能が迸るってこのことですね。
a0223379_1614721.jpg

そんな彼の最新作「Mommy/マミー」も期待を裏切らない完成度。
デビュー作「マイ・マザー」と同じ母と子の愛がテーマの作品です。
正方形のスクリーンサイズで見せる母と子の愛と葛藤の日々・・・
その窮屈な画面が、より濃密な母と子の関係を際立たせていました。
テーマは重いけれど、音楽の選曲も映像もスタイリッシュでオシャレ。
どのカットも一冊の写真集を開いているかのようでした。

物語の舞台は2015年、架空の国、カナダという設定。
そこで新政権による新たな法律のひとつが可決します。
それは発達障がいの子供を持つ親が、精神的肉体的に養育困難に陥った場合
法的手段を取らずに、子供を施設に入れる権利を持つというものでした。
(ネタバレ注意)
a0223379_16153069.jpg

ダイアンはシングルマザー。
15歳の息子スティーヴはADHD(多動性障害)で、情緒不安定になると
手が付けられないほど暴れるという問題を抱えています。
スティーヴは施設に入っていましたが、トラブルを起こしたことで
ダイアンはスティーヴとの二人暮らしを余儀なくされるのでした。
スティーヴを引き取ってからというもの、母と息子の言い争いは
絶えないけれど、落ち着いているときのスティーヴは優しく素直な少年。
ある日、彼は「Mammy」のスペル入りペンダントをプレゼントします。
しかし、万引きではと問いただすダイアンの言葉に切れたスティーヴは
ダイアンの首を絞めてしまうのでした。
息子を殴って逃げるダイアン・・・
突然攻撃的になる息子にダイアンは戸惑うばかりの日々でした。

そんな時、ふたりは近所に住む教師の女性カイラと知り合います。
精神的なストレスから吃音になってしまって休職中のカイラ。
ダイアンからスティーヴの家庭教師を頼まれたことから
ふたりとの関係を深めていくのです。
a0223379_16201129.jpg

カイラの存在でダイアンとスティーヴの関係にも変化が訪れます。
カイラの吃音もまた少しずつ快方に向かっていくのでした。
三人の、これですべて上手くいくかのような青空の下
ローラースケートに乗ったスティーヴは、自分を解き放つかのように
正方形の窮屈な画面をフルスクリーンに押し広げるシーンがあります。
観ているものの心にも、風が吹き抜けるような開放感。
スクリーンの画角で心情を表現するなんて・・・なんと心憎いセンス!
これは映画史に残る名シーンでしょうね。
どうぞこのまま幸せな日々が続きますように、と
祈らずにはいられませんでした。
a0223379_16172547.jpg

しかし画面はまた元の正方形へ。
スティーヴが施設にいた時に起こしたトラブルの訴状が届くのでした。
お金に工面するダイアン。そんな母の苦労も顧みず荒れて
自殺未遂までしてしまうスティーヴ。
追いつめられたダイアンは、とうとうある決心をするのでした。
a0223379_16204088.jpg

ピクニックと偽って楽しげにドライブする三人。
運転するダイアンの脳裏には、スティーヴが成長し結婚して
幸せになるシーンが浮かぶのでした。
切ない母の夢が、観るものの心を揺さぶり涙が溢れます。
その空想シーンには、またフルスクリーンが採用されて
大人になったスティーヴをグザビエ・ドランが演じていました。

トイレに行くと言って車を下りたダイアン。
トイレから現れたのは三人の男と一緒のダイアンでした。
激しく抵抗するスティーヴ。複雑な表情のカイラ。
最良と思った決断でしたが、ダイアンは深く苦しむのでした。

スティーヴは法に基づき施設で治療の道へ。
やがてカイラも夫の転勤で街を去ることになります。
ひとり残されたダイアン・・・
ダイアンの胸にはずっと「Mammy」のペンダントが・・・
切っても切れない母と息子の絆を象徴しているかのように
光っているのでした。

どの判断が正しいか、それは誰にもわからないことです。
母の愛だけで保護し続けることに未来はないということも確か。
それは「希望の選択」だったというダイアンに
母の強さと普遍の愛を見たような気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原題:Mommy
製作年:2014年
製作国:カナダ
監督:グザビエ・ドラン
製作:ナンシー・グラン、グザビエ・ドラン
脚本:グザビエ・ドラン
出演:アンヌ・ドルヴァル/ダイアン
   アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン/スティーヴ
   スザンヌ・クレマン/カイラ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-06-29 00:12 | 映画 | Comments(0)
<< 惑星のランデブー 大英博物館展とみかどパン >>