ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 さよなら子供たち

1987年のフランス映画、ルイ・マル監督の「さよなら子供たち」を
観ました。私が初めてフランス映画の魅力を知ったのが
ルイ・マル監督の「地下鉄のザジ」・・・
「死刑台のエレベーター」も有名ですね。
そのルイ・マル監督の「さよなら子供たち」も、悲しい物語ですが
少年の感性が瑞々しく描かれていて、私の大好きな作品です。
以前、幸運にもBSで放送されて録画したものを繰り返して観ていますが
フランス映画に出て来る少年ってなんでこんなに美しいの、と
観るたびに思ってしまいす。

ネタバレ注意!
a0223379_17114043.jpg


舞台はナチス占領下のフランス。
戦火のパリから、カトリック僧院の寄宿学校に疎開した少年の
悲しくも美しい一冬の物語。
ルイ・マル監督の12歳の時の体験を綴った自伝的作品です。

1944年、パリの駅のホームから映画は始まります。
休暇を終え、疎開先の寄宿学校へ戻るジュリアンは12歳になるのに
見送りに来た母親に行きたくないと駄々をこねる甘えん坊。
母親の付けたおでこの赤いキスマークが可愛いです。

列車の音と、車窓から見える寒々とした風景が
母親と別れた後のジュリアンの不安な心を映し出し
シューベルトの「楽興の時」のピアノの音が
ジュリアンの心に寄り添うように静かに流れるのでした。

ある日、寄宿学校に3人の少年が転入してきます。
その中のひとり、ボネという少年がジュリアンのクラスにやってきました。
どこか打ち解けないボネに、歓迎の挨拶代わりのイジメごっこが始まり
ジュリアンもまた他の生徒と同じようにボネに冷たくしたりするのでした。
しかしボネは成績優秀でピアノも上手。
それまで優等生だったジュリアンのライバル意識をくすぐるのでした。
ベッドが隣同士で読書の趣味が同じなのになかなか仲良くなれないふたり。
みんなにいじめられてもボネにとって学校は
束の間の楽園のような場所でした。

裕福な家庭の子供たちが暮らす寄宿学校。
校長先生のジャン神父をはじめ職員もみな良心的です。
子供たちが勉強したり無邪気に遊んだりしている姿だけを見ていると
戦争の最中であることを忘れてしまいそうになりますが
空襲警報や停電、食糧難や寒さ、時折学校にやって来る義勇兵や
ドイツ兵の姿など、ここにも例外なく戦争の影が
忍び寄って来ているのでした。

給食の豚肉を食べないボネ。夜中のお祈りなど、ボネのすることは
普通の男の子と少し違います。
校長先生のボネに対する態度もなぜか匿っているような印象。
不思議に思ったジュリアンは好奇心から
ボネの私物を盗み見してしまうのでした。
そしてボネはユダヤ人で、この学校に匿われていることを知るのです。
と言っても、ジュリアンにはまだ
ユダヤ人がなぜ身を隠さねばならないのか、わからずにいたのですが。

次第に打ち解けて仲良くなっていったふたり。
真夜中の懐中電灯で一緒に読んだ本、ピアノの連弾や
大笑いして楽しんだチャップリンの映画・・・
しかし、そんな日々は長く続きませんでした。
密告によってボネたち3人と、ボネ達を匿った罪で校長先生も
ゲシュタボに捕らわれてしまうのでした。

中庭に集められた生徒たちの前を校長先生やボネたちが
連行されていきます。
誰からともなく「さよなら神父さま」という声が聴こえ
その声が次々と広がっていきます。
そして校長先生も答えます。
「さよなら子供たち、またな」と。

そして裏門を出る直前にジュリアンの方を振り向くボネ。
ボネに「さよなら」と小さく手を振るジュリアン。
なぜ?何もしていないのに・・・
理不尽な光景が理解できないでじっと見つめるジュリアン。
ジュリアンの瞳がだんだん潤んでいく最後のカットも
心を揺さぶるものがありました。
a0223379_1713142.jpg

ボネたちはアウシュビッツで、校長先生はマウトハウゼンで死亡。
最後にルイ・マル監督自身の声でナレーションが入ります。

「私は死ぬまで、あの1月の朝を忘れない」

生涯心に刻まれた永遠の別れの朝のこと。
監督として世界的な名声を得た後の55歳になって撮った作品と知って
驚きました。どんな映画の撮影中にも、自分自身の人生を
もう一度見つめ直すように、少年時代の体験を映画化する構想を
ずっと温めていたのでしょう。
残虐なシーンなく戦争の悲劇を伝える手法も、そうした年月が
余計なものを取り除き、研ぎ澄まされた純度の高い
映画の仕上がりに繋がったのかもしれません。

宗教を超えてボネたちを守ろうとした校長先生のジャン神父。
聖体拝領の日の説教にもこの映画のメッセージが込められています。
世の中は反目と憎しみに満ちている。
嘘や裏切りが横行し、信者同士が殺しあっている。
だが、利己主義や無関心は許されない。
物質的豊かさは魂を堕落させる。
冨は人間を不誠実にし、軽蔑すべき存在に変える。
持たざるものの怒り尊大な冨に向けられる。
信者の一番大切な義務「慈悲」を忘れぬように
悪をもって悪に対するな。
飢えた敵には食事を、渇いた敵には飲み物を。
祈りをささげましょう。
被害者だけではなく加害者のためにも。

この映画の素晴らしいところは
ドイツ兵だけが悪人ではなく、フランス人の中にも親独義勇兵が
いてユダヤ人狩りをしていたということ。
寄宿生たちの料理番として働く、足が不自由で貧しいジョセフを
ジュリアンたちは闇取引などで都合よく利用していたこと。
ジョセフの密告も実はジュリアン達にも責任があるということも
ちゃんと描かれているのです。

戦争の悲劇だけでなく人間の本質をきちんと描いたルイ・マル監督。
ぜひおすすめの映画です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原題:Au revoir les enfants
製作年:1987年
製作国:フランス・西ドイツ
監督:ルイ・マル
製作:ルイ・マル
脚本:ルイ・マル
出演:ガスパール・マネス/ジュリアン
   ラファエル・フェジト/ボネ
   フランシーヌ・ラセット/ジュリアンの母
   フィリップ・モリエ・ジュヌー/ジャン神父
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-08-12 17:55 | 映画 | Comments(0)
<< 金持神社を訪ねて・鳥取県日野町 100日で100脚の椅子・猪熊... >>