ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

エリック・サティとヤマナシ

半田山植物園の木立の中に、小さなヤマナシの実が
たくさん落ちていました。
木道に並べて遊んでいたら、なぜかふと梨の形が♪に見えて
これを音楽に例えると・・・エリック・サティかな。
そういえば「梨の形をした3つの小品」というタイトルの曲が
あったことを思い出しました。
といっても頭の中に流れているのはジムノペディなのですが・・・
梨の形も洋梨ですよね。
a0223379_2303312.jpg

そもそも梨の形をした音楽って、どんなでしょうね。
サティの曲のタイトルはシュールというか奇妙なタイトルが多いです。
不器用にしか生きられなかったサティの心の叫びでしょうか。
アカデミズムを嫌い音楽理論や形式など無視し続けてきたサティの作曲法。
ある日、交友関係にあったドビッシーから音楽には形が必要と言われます。
「音楽の形って何?」愕然とするサティでしたが
彼はドビッシーに皮肉を込めて、音楽形式を梨の形にして応えるのでした。
それが「梨の形をした3つの小品」・・・人間関係のちょっとした対立も
こんなセンスで切り抜けられたら素敵ですね。
この後、ドビッシーの言葉に触発されたサティは
もう一度音楽の基礎を学ぶべく39歳で音楽学校へ入学するのでした。
形式を取り入れることで自分の殻を打ち破ろうと決心したサティ・・・
「梨の形をした3つの小品」の最初の曲には
「開始する一つの方法」とタイトルが付けられていました。

ま、このあたりのことはBSのサティの特集番組で見て
印象に残っていたのですが、ひとつの曲が生まれる時代背景や
作曲家の人生を思い描きながらピアノの音に耳を澄ませると
ピアノの一音が違って聴こえてくるもの確かですね。
ヤマナシがサティのピアノを聴かせてくれた
半田山植物園の午後のひとときでした。
a0223379_2301236.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-09-09 14:39 | 日々是好日 | Comments(0)
<< 引き潮の海辺で 夏の終わりの半田山植物園-4 >>