ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

藤原真理バッハ無伴奏チェロコンサート

日本を代表するチェリスト藤原真理さんのコンサートに行ってきました。
会場は岡山市中区にある劉生容記念館ホール。
以前にも紹介しましたが座布団に座って聴くプライベートホールです。
今回は藤原真理さんがバッハ無伴奏チェロ組曲の全曲を
2日に分けて弾くというプログラム。
演奏会で無伴奏の1、2曲取り上げられることがあっても
組曲全6曲をまとめて聴けるなんて機会はまたとありません。
チェロは1697年製の名器ガルネリ。
コンデションのいいガルネリのチェロは世界で2、3本しかないとのこと。
そんな名器の響きを座布団に座って間近で堪能できる幸せ。
床からの振動も伝わっくるから凄いです。
いぶし銀のような豊かな音色とともに、チェロの深い息遣いまで感じられて
チェロが楽器を超えた威風堂々の生き物のようにも思えました。

初日は組曲、第1番、第4番、第6番。2日目は第5番、第2番、第3番。
演奏の前後に藤原真理さんの曲の解説や楽器の説明もあり
小ホールならではのアットホームなコンサートでした。
アンコールは許してね、と言われるくらい精神力も体力も
すべて使い果たして下さった藤原真理さん。
名器と名曲と名手と・・・3拍子揃った超贅沢なコンサートでした。

劉生容記念館ホールの入り口。
a0223379_1116062.jpg

開演前のひととき。
a0223379_11161395.jpg

今回のコンサートは劉生容記念館開館15周年を記念しての企画。
ここの館長でもあり音楽プロヂューサーでもありチェリストでもある
三船文彰さんのお父様、画家劉生容氏の作品が展示されています。
バッハの無伴奏と絵の雰囲気が響き合って空間を満たしていました。
a0223379_11162567.jpg

バッハ無伴奏チェロ組曲の譜面。
a0223379_11163548.jpg

出番を待つガルネリ。藤原真理さん30年愛用のチェロです。
演奏の後、チェロの素材についてお聞きしたら
表板にはもみの木が使われていると答えて下さって
一足早いクリスマスプレゼントをもらったような気がしました。
a0223379_11165917.jpg

2日目の様子。クララ・シューマンのピアノがちらり。
a0223379_11171411.jpg

a0223379_1123699.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-11-09 16:33 | 日々是好日 | Comments(2)
Commented by 阿修羅 at 2015-11-12 20:15 x
居酒屋から来ました。
まるで浪曲か落語を聴くような環境で、羨ましい限りのコンサートですね!
今度このホールでコンサートのあるとき、事前に教えてください。泊り込みで駆けつけますので宜しく!
Commented by ishikoro-b at 2015-11-12 23:38
阿修羅さま。
プライベートホールでこんなコンサートを
体験できるなんて大ホールではありえないことです。
ピアノの下に寝転がって聴いてもいいですよ、なんて言ってくれたりするのですが、そのピアノがクララ・シューマンのピアノなんですから凄いでしょ。
また機会があったらお知らせしますのでお楽しみに。
<< 今日の雲 iPhone6と笹ヶ瀬川 >>