ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

カテゴリ:文学( 2 )

太宰のメリイクリスマス

クリスマスはいかがお過ごしですか?
時にはこんなクリスマスはどうでしょう。
太宰治の短編「メリイクリスマス」です。
NHKプレミアムアーカイブスで10月に放送された
「津軽・太宰治と故郷」を見てから
にわか太宰ファンになりました。
35歳の太宰は、津軽半島を巡る旅をして
懐かしい人々と再会します。
その時の作品が「津軽」
そのクライマックスともいえる、母のように慕った
子守り「たけ」との再会のシーンは
太宰ってこんな人だったんだ・・・と
胸に迫り来るものがあり、たまらなく太宰が愛おしく
感じられるようになりました。
a0223379_2524487.jpg

「メリイクリスマス」は終戦の年の12月、東京が舞台です。
1年3ヶ月、津軽の生家で暮らし、久しぶりに家族を連れて
東京へ帰ってきた笠井。
相変わらずの東京の街で偶然、昔、信頼していた
女性の娘、シズエ子と再会します。
(彼女の服装は、緑色の帽子に真っ赤なレインコート。
オシャレですね、クリスマスカラーです。)
嬉しくなった笠井は、早速お母さんを訪問したいと言うのです。
彼女は同意するものの、次第に元気をなくしている様子。
笠井は彼女が、母親に嫉妬しているのだと自惚れるのです。
そして、次第に笠井自身もまたシズエ子に
惹かれ始めるのですが、これは、とんでもない
笠井の勘違いでした。

シズエ子を笑わせようとする笠井。
母の話をするほど、暗い表情を浮かべるシズエ子。
笠井はそれでも「ひどい嫉妬だ」と、都合良く
勝手に解釈するのでした。

本当は、シズエ子は広島の空襲で母を亡くしていたのでした。
母が死んだことを、言い出せなかったのです。
嫉妬でも、恋でもなかったのです。

すべてを理解した笠井は、シズエ子を街の屋台へ
母の好物だったうなぎを食べに誘うのでした。
「小串を三人前」
「へえ、もうひとかたは?」
「三人いるじゃないか」
ふたりの前に並べられた、小串の皿が三枚。
そして酒がなみなみと充たされたコップが三つ。
なんて優しくて素敵な弔いの仕方でしょう。

屋台の主人を相手に、つまらぬ冗談を言っている奥の酔客が
屋台の外を歩いていたアメリカ兵に向かって叫びます。
「ハロー、メリイ、クリスマアス」

思わず噴出す笠井。
大きな勘違いをしていた自分と
ちっとも変らない自分を重ねたのでしょう。
残りのうなぎの一切れを半分ずつ分けるふたり。
東京は相変わらず、以前と少しも変らない、と
小説は終わるのです。

敗戦後の日本。変るものと変らないもの。
屋台の赤提灯に照らされる、変らないことの普遍性。
哀しくて切ないお話だけれど、心温まる読後感で
ますます太宰が好きになりました。

「メリイクリスマス」は新潮文庫「グッド・バイ」の
短編集に掲載されています。

私からも、メリークリスマス。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-12-24 02:56 | 文学 | Comments(0)

芥川龍之介の「蜜柑」

今週はもう節分。
ミカンの季節もそろそろ終わりですね。
テーブルの上のミカンを眺めていたら
ふと、昔読んだ芥川龍之介の「蜜柑」という短編の
ことを思い出しました。
ちょっと大袈裟ですが、この小さな作品が
純文学などあまり読んだことのなかった私に
文学の原体験ともいうべき感動をもたらせてくれたのです。
a0223379_23375921.jpg

物語は・・・

主人公の「私」は言いようのない疲労と倦怠を抱えて
二等客車に乗り発車を待っていました。
どんより暗いプラットホームの景色は
主人公の陰鬱な心の内そのもの。
発車の笛が鳴ったと同時に、けたたましい下駄の音が聞こえて
十三、四の見窄らしい小娘が「私」の前の席に乗ってくるのです。
膝の上には風呂敷包み抱え、その霜焼けの手には
三等の切符を握って・・・
下品な顔立ちと不潔な身なり、そして二等と三等の区別さえ
わからない愚純な心を「私」は軽蔑します。

気を逸らそうと夕刊を広げてみたけれど
世間はあまりに平凡な出来事ばかり。
田舎者の小娘と平凡な記事の夕刊と・・・
これが退屈な人生の象徴でなくてなんであろう。

一切がくだらなく思えて、窓枠に頭を齎せてうつらうつら。
ふと気が付くと、いつの間にか小娘は「私」の隣に席を移して
しきりに窓を開けようとしているではありませんか。

汽車がトンネルになだれ込むと同時に窓が開きます。
煤を溶かしたようなどす黒い煙に激しく咳き込む「私」
それでも窓から外へ首を伸ばして前を見てる小娘。

トンネルを抜けた時、状況は一転します。
貧しい町はずれの踏切の柵の向こうに
背が低く貧しい身なり3人の男の子が立っていて、
彼らは皆で汽車が通り過ぎるのを仰ぎ見ながら
意味のわからない喚声をほとばしらせていたのです。
その瞬間、子供らの上に空から暖かな日の色に染まった
蜜柑が五つ六つ・・・

「私」は刹那に一切を了解するのです。
奉公に行く姉が弟たちの見送りを労っているのだと。
a0223379_2393852.jpg

疲労と倦怠と退屈な人生の中の一瞬のきらめき。
車窓に通り過ぎた一瞬の出来事が心を解き放ちます。
重苦しいモノトーンの世界と
鮮やかな蜜柑の色の対比の素晴らしさ。
奉公に行く貧しい娘の悲しさがより物語を深く美しくして、
何度読み返しても飽きることがありません。
文庫本の短編集の中の6ページほどの作品なのですが、
情景と心情の描写が本当によく書けていて、
やっぱり芥川龍之介って凄いな、
日本語って美しいな、
これぞ純文学、ホント透き通ってるわと、
たまにはまじめに本を読まなくてはと思ったのでした。

小説の蜜柑のイメージにはほど遠い写真でごめんなさい。
子供の頃はバナナもそうですが
お正月には蜜柑ひとつが贅沢でした。
そんなことを思い浮かべながら今季最後の蜜柑をいただきました。
皆様もビタミンCを補給して寒い冬を乗り切って下さいね。
a0223379_2311976.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-01-29 23:49 | 文学 | Comments(0)