ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

カテゴリ:日々是好日( 110 )

さかさまの世界

とあるスーパー駐車場の雨上がりの夕暮れ。
a0223379_13285797.jpg

a0223379_13291434.jpg

a0223379_23584323.jpg

a0223379_12325319.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-09-18 13:06 | 日々是好日 | Comments(0)

エリック・サティとヤマナシ

半田山植物園の木立の中に、小さなヤマナシの実が
たくさん落ちていました。
木道に並べて遊んでいたら、なぜかふと梨の形が♪に見えて
これを音楽に例えると・・・エリック・サティかな。
そういえば「梨の形をした3つの小品」というタイトルの曲が
あったことを思い出しました。
といっても頭の中に流れているのはジムノペディなのですが・・・
梨の形も洋梨ですよね。
a0223379_2303312.jpg

そもそも梨の形をした音楽って、どんなでしょうね。
サティの曲のタイトルはシュールというか奇妙なタイトルが多いです。
不器用にしか生きられなかったサティの心の叫びでしょうか。
アカデミズムを嫌い音楽理論や形式など無視し続けてきたサティの作曲法。
ある日、交友関係にあったドビッシーから音楽には形が必要と言われます。
「音楽の形って何?」愕然とするサティでしたが
彼はドビッシーに皮肉を込めて、音楽形式を梨の形にして応えるのでした。
それが「梨の形をした3つの小品」・・・人間関係のちょっとした対立も
こんなセンスで切り抜けられたら素敵ですね。
この後、ドビッシーの言葉に触発されたサティは
もう一度音楽の基礎を学ぶべく39歳で音楽学校へ入学するのでした。
形式を取り入れることで自分の殻を打ち破ろうと決心したサティ・・・
「梨の形をした3つの小品」の最初の曲には
「開始する一つの方法」とタイトルが付けられていました。

ま、このあたりのことはBSのサティの特集番組で見て
印象に残っていたのですが、ひとつの曲が生まれる時代背景や
作曲家の人生を思い描きながらピアノの音に耳を澄ませると
ピアノの一音が違って聴こえてくるもの確かですね。
ヤマナシがサティのピアノを聴かせてくれた
半田山植物園の午後のひとときでした。
a0223379_2301236.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-09-09 14:39 | 日々是好日 | Comments(0)

100日で100脚の椅子・猪熊弦一郎現代美術館

猪熊さんの「猫達」展と同時開催の企画展、マルティーノ・ガンパーの
100 Chairs in 100 Days(100日で100脚の椅子)」も楽しめました。
使われなくなった椅子を集めて解体。新たに組み立て直されて
ふたたび椅子のかたちに生まれ変わったユーモラスな椅子たち。
殆どの作品が「座る」という椅子本来の機能が無視されている 
というのも斬新なアイデアでした。
思いがけない素材やパーツの組み合わせは一見チグハグでアンバランス。
なのになぜか不思議に調和がとれていて
それぞれの椅子が意志をもって佇んでいるように見えました。
a0223379_1737444.jpg

a0223379_1737212.jpg

a0223379_17373413.jpg

a0223379_17374672.jpg

a0223379_17375749.jpg

a0223379_17381047.jpg

a0223379_17382371.jpg

a0223379_17383836.jpg

a0223379_17385098.jpg

a0223379_1739234.jpg

a0223379_17392194.jpg

a0223379_17393433.jpg

a0223379_17395016.jpg

a0223379_174028.jpg

1日に1脚ずつ、100日で100脚の椅子・・・
100脚目は展示場所で制作するというコンセプトで世界各地を
巡回しているのだそうです。
もちろん丸亀で生まれた100脚目の椅子もありました。
下の写真です。タイトルは「○亀」・・・
縁起のいい不老長寿の椅子みたいで素敵な仕上がりでした。
a0223379_17401578.jpg

この企画展も撮影OKでした。
会期は9月23日(水・祝)まで。まだまだ間に合います。
会期中は無休。よかったら行ってみて下さいね。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-08-07 22:13 | 日々是好日 | Comments(0)

猫達・猪熊弦一郎現代美術館

猪熊さんの「猫達」展です。
写真撮影OKでも、ガラス越しに作品を撮るのは難しいもの。
ライトが映り込まない角度を探したりして写してみました。
猪熊さんの魅力を少しでも伝えられたら幸いです。
a0223379_11391411.jpg

猪熊さんが最初に描いた猫の絵は1933年の作品。
妻、文子さんと猫のツーショットの油絵でした。
猪熊さんの猫好きは妻、文子さんの影響なのだそうです。
猪熊家では、十数匹の猫達と暮らしていた時期もあったとか。
作品を見ていくと、猫の存在がいかにアーティストの
インスピレーションを刺激したか、伺い知ることできます。
文子さんを愛し、猫を愛し、人生を愛した猪熊さん。
美術館の中にいると私もまた一匹の猫になったような気がして
猪熊さんの愛に包まれているような、そんな幸せを感じるのでした。
a0223379_138140.jpg

a0223379_11395148.jpg

a0223379_1140518.jpg

a0223379_11402391.jpg

a0223379_11403760.jpg

a0223379_11411896.jpg

a0223379_11413379.jpg

a0223379_1141463.jpg

a0223379_11415980.jpg

a0223379_11421167.jpg

a0223379_11422662.jpg

a0223379_11424121.jpg

チケットを買ったら、こんな素敵なパンフレットをいただきました。
数種類の形が用意されていて、迷いながら私が選んだのはこれ!
ふーテトママさんの「猫日和。キルト日和。」でおなじみの
ふーくんのシルエットにそっくりなのでした。
ふーテトママさんも素敵な猪熊現代美術館レポートを更新中。
ぜひ見に行ってくださいね。
a0223379_12595822.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-07-30 17:13 | 日々是好日 | Comments(0)

GETA・猪熊弦一郎現代美術館

猛暑の日曜日、ふ−テトママさん夫妻の丸亀市にあるお墓参りに便乗して
一緒に猪熊弦一郎現代美術館を訪ねてきました。
a0223379_13143211.jpg

猪熊弦一郎現代美術館は、私の大好きな美術館です。
1991年の開館から、猪熊さんの絵画作品や素敵なコレクションはもちろん
企画展も毎回魅力的で、★になった相方とふたり
何度も胸をときめかせて瀬戸大橋を渡ったことを思い出します。
美術館開館の時のインタビューで
「この美術館は教会のようなつもりで建てた。
ここで幸せな気持ちになって帰ってほしい」と話していた猪熊さん。
猪熊さんの言葉どおり、ここには猪熊さんの優しさが溢れています。

3階にあるカフェレスト「MOMOCA」で、私たちの隣のテーブルで
数人の男性スタッフと打ち合わせをされていた猪熊さんに
お会いしたこともあります。
猪熊さんの愛すべきコレクションを写真集にした
「画家のおもちゃ箱」という本を買った私は、隣の様子を伺いながら
サインの機会を待っていたのですが、割り込むタイミングも
勇気もなく、ションボリ帰りの電車に乗ったことを今も後悔しています。
それは1993年にお亡くなりになる3ヶ月ほど前のことでした。
あれからもう22年も経つのかと思うと、月日の流れのはやさを
感じずにはいられません。
a0223379_13132413.jpg

今回の美術館の目的は、猫好きだった猪熊さんの「猫達」展と
マルティーノ・ガンパーの「100 Chairs in 100 Days」展でした。
「猫」と「椅子」は私のお気に入りテーマです。
それだけでも幸せなのに、今回全館撮影OKという
美術館の何とも嬉しい計らい!
そんなわけで、いっぱい写真を撮りました。(撮り過ぎて、編集が大変)
少しずつ紹介していきたいと思います。
a0223379_22385869.jpg

まずは一階エントランスホールの「GETA」という作品から。
初めて美術館を訪れて、一瞬にして猪熊ファンになってしまった
記念すべき作品です。
a0223379_22393889.jpg

透明のアクリルで固められた円筒形の中に
ひとつ浮かんだプラステックの黄色い下駄・・・
「ぼくが小学生のころ、流された下駄を追って、土器川で溺れかかった時
助けてくださったおじさんに捧げるモニュメント」とサブタイトルが
刻まれていて、胸にぐっと迫るものを感じました。
a0223379_22384699.jpg

パリにいてもニューヨークにいても、猪熊さんの心の帰る場所は
幼い日の土器川の風景、あの時間・・・
a0223379_2240098.jpg

猪熊さんの芸術や人生を支えているものが見えたような気がして
難解と思っていた猪熊さんの現代美術もすぅーっと心に
沁み渡るのでした。
a0223379_22401833.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-07-28 13:18 | 日々是好日 | Comments(0)

惑星のランデブー

この頃、日没後の西の空に金星と木星の素敵な2ショットを
見ることができます。
特に金星の美しさは、夜空に輝くダイヤモンド!!!
これは2日前の写真ですが、散歩の途中あまりの美しさに
慌てて家に帰り、撮ったものです。
今夜はその金星と木星が最接近するというので、楽しみにしていましたが
あいにく雲に隠れてしまいました。
金星は7月10日に最大光度になるとか。
そして19日には二つの惑星に月も並ぶそうです。
夏の宵の天体ショー、晴れるといいですね。
a0223379_22214572.jpg

a0223379_22215856.jpg

a0223379_22221151.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-07-01 23:28 | 日々是好日 | Comments(0)

ターナーと笹ヶ瀬川の夕暮れ

現在公開中の映画「ナショナルギャラリー・英国の至宝」
を観ました。上映時間3時間もある長い映画でしたが
英国が誇る名画の数々、やはり見応えがありました。
その中で紹介されたターナーの「戦艦テレメール号」を見ていたら
テムズ川が私のお散歩コースの笹ヶ瀬川の夕景と重なりました。
ターナーの描く光と大気のゆらぎ・・・ターナー、素敵ですよね。
そんなわけで映画の後、またまた笹ヶ瀬川へ行きたくなりました。
テムズ川の夕景には及ばないかもしれませんが
笹ヶ瀬川だって負けてません。
何度見ても飽きない笹ヶ瀬川の夕暮れ・・・
ワンパターンな写真ですが、わかる、わかる、と
言ってもらえれば嬉しいです。
a0223379_23464128.jpg

a0223379_2347348.jpg

a0223379_23474645.jpg

a0223379_23481352.jpg

a0223379_23482653.jpg

a0223379_23483944.jpg

a0223379_23485388.jpg

a0223379_2349770.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-05-21 00:23 | 日々是好日 | Comments(0)

笹ヶ瀬川 5月の夕暮れ

日没が遅くなったら、いつものお散歩もちょっと遠くまで
足を伸ばしたくなります。
久しぶりにコンデジを片手に笹ヶ瀬川まで歩いてきました。
川風に吹かれながらボーっと沈む夕陽を眺めるひととき・・・
人生いろいろあるけれど
今日も良い一日だったと思える幸せな瞬間なのでした。
a0223379_1559030.jpg

a0223379_1559125.jpg

a0223379_1559242.jpg

a0223379_1730132.jpg

a0223379_15593782.jpg

a0223379_1602329.jpg

a0223379_169459.jpg

a0223379_1605722.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-05-16 17:19 | 日々是好日 | Comments(0)

花菖蒲

実家に咲いていた花菖蒲を切って帰りリビングに生けてみました。
テーブルの上に飾って眺めてみると
群青と緑青のコントラストの美しいこと。
燕子花と花菖蒲の違いこそあるけれど
光琳の「燕子花図屏風」のイメージを彷彿させたりして
その鮮やかさに思わずハッとなったのでした。
生活の中にお花があるって部屋の空気まで違いますよね。
言うまでもないことですが・・・
a0223379_12384474.jpg

a0223379_12391467.jpg

a0223379_12395594.jpg

a0223379_1240798.jpg

a0223379_12401986.jpg

a0223379_12404561.jpg

a0223379_1241020.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-05-12 21:38 | 日々是好日 | Comments(0)

緑の葉っぱと黄色の葉っぱ

今回の主役は大きな葉っぱの観葉植物のお話です。
30年程前に作ったまま放置していた野焼きの壷に
ふと観葉植物を入れてみたら、それまで気が付かなかった
野焼きの炎の創りす景色が見えてきました。
断捨離寸前の壷でしたが、観葉植物のお陰で難を逃れたのでした。
それが半年前のことです。
a0223379_2350401.jpg

その観葉植物・・・よく見かける葉っぱなのに名札も付いてなくて
名前がわかりません。
直径10センチにも満たない小さなポットに入って園芸店の軒先に
並んでいました。
半年ほどポットのまま野焼きの壷に入れて愛でていたのですが
あまりに狭い環境・・・
だんだん葉っぱが落ちていき元気がなくなりました。
それもそのはず、植え替えようと土を落としたら根元部分が
直径3センチほどの円柱の網の目プラスチックに覆われていたのです。
大きく育たないようにしてあるのですね。

大きめの鉢に植え替えして一ヶ月ちょっと経ちますが
元気に根付いたようで、新しい葉っぱも出てきました。
が、古い葉っぱは一枚また一枚と葉を落とし・・・そして最後・・・
緑と黄色の素敵なコントラストを見せてくれたのでした。
a0223379_2351793.jpg

a0223379_23512249.jpg

a0223379_23513679.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-04-27 01:31 | 日々是好日 | Comments(0)