ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

カテゴリ:冬の旅( 40 )

犬島ベーシック

犬島の旅もこれでおしまいです。
お付き合い下さいましてありがとうございました。
最後は昔と変わらぬ犬島の風景を集めてみました。
どうぞご覧下さい。
a0223379_16533760.jpg

a0223379_16542331.jpg

a0223379_16545456.jpg

a0223379_1655412.jpg

a0223379_1655169.jpg

a0223379_16553056.jpg

a0223379_16554242.jpg

a0223379_1655556.jpg

a0223379_17281672.jpg

a0223379_16564162.jpg

a0223379_16565589.jpg

a0223379_1657971.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-02-09 17:22 | 冬の旅 | Comments(0)

私の犬島「家プロジェクト」-2

引き続き犬島シリーズをお楽しみ下さい。
a0223379_21261884.jpg

a0223379_21263279.jpg

a0223379_21265426.jpg

a0223379_2127688.jpg

a0223379_2127201.jpg

a0223379_21273311.jpg

a0223379_21274435.jpg

a0223379_21264320.jpg

a0223379_21275790.jpg

a0223379_2128953.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-02-06 21:33 | 冬の旅 | Comments(0)

私の犬島「家プロジェクト」

犬島を歩くと芸術家の作品以外にも
島の人たちの暮らしの中から生まれた名もなきアートに
出会うことができます。
こんな景色に出会えるから私は島が好き。
私が見つけた「家プロジェクト」をご紹介します。
a0223379_1462242.jpg

a0223379_1464063.jpg

a0223379_1465189.jpg

a0223379_147326.jpg

a0223379_1471767.jpg

a0223379_1473074.jpg

a0223379_2255174.jpg

a0223379_226464.jpg

a0223379_1475887.jpg

a0223379_1481346.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-02-04 22:09 | 冬の旅 | Comments(0)

犬島「家プロジェクト」

犬島製錬所美術館は閉まっていても島を歩けば
こんな作品に出会うことができます。
一部ですがご覧下さい。

犬島製錬所美術館へのアプローチ
その昔、銅の製錬所として栄えていた頃の煙突は
今やアートの島のシンボルとなっています。
a0223379_1725567.jpg

家プロジェクト S邸/コンタクトレンズ
a0223379_1724134.jpg

a0223379_1712483.jpg

家プロジェクト A邸/リフレクトゥ
a0223379_1722761.jpg

a0223379_1711313.jpg

中の谷東屋
a0223379_1721563.jpg

犬島の島犬
a0223379_1713655.jpg

これも作品?
a0223379_171159.jpg

きっと作品
a0223379_1732827.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-02-02 18:00 | 冬の旅 | Comments(0)

犬島は石の島

犬島は古くから花崗岩を産出する島としても知られています。
大阪城の石垣や鎌倉鶴岡八幡宮の鳥居などにも
犬島の石が使われているとか。

向こうにみえるのが犬島港。
a0223379_13442576.jpg

a0223379_13444116.jpg

a0223379_13445434.jpg

a0223379_1345911.jpg

a0223379_13452380.jpg

a0223379_13441398.jpg

石切り場跡が入り江のようになっています。
a0223379_13431935.jpg

a0223379_1344233.jpg

a0223379_13433044.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-01-30 14:13 | 冬の旅 | Comments(0)

黒猫のパフォーマンス・犬島

今やすっかりアートの島として有名になった犬島。
ちょっと足が遠のいていましたが、お天気もよかったので
久しぶりに行ってみました。
ウチから宝伝港まで車で40分、犬島まで8分の船旅です。
宝伝港で船の料金を払おうとすると「今日は美術館は休みだけど行くの?」
船の中で乗り合わせた人も「美術館は休みだから何もないよ」
島で出会った人もみんな親切に美術館のことを心配してくれます。
いえいえ、美術館は閉まっていても
ちょっと船に乗るだけで遠くに旅をした気分。
こんな島猫さんに出会えただけでも最高に幸せ。
やっぱり島はいいなあ。
a0223379_221592.jpg

a0223379_2215834.jpg

a0223379_2222088.jpg

a0223379_2223114.jpg

a0223379_222434.jpg

a0223379_222574.jpg

a0223379_2232855.jpg

a0223379_2234215.jpg

a0223379_224114.jpg

a0223379_2241283.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-01-28 22:43 | 冬の旅 | Comments(0)

吉備の中山を訪ねて-2

吉備の中山の神の道に続いて今度は仏の道を歩きました。
吉備津彦命の御陵から左側の道を下ったら
右に行くと何処へ続くのか
紅い前掛けのお地蔵さんが並ぶ散策道がありました。
a0223379_15303489.jpg

ひとり初めての山道を歩くのは不安でしたが
お地蔵さんに招かれるように仏の道を辿ってみました。
a0223379_15304966.jpg

a0223379_1531311.jpg

a0223379_15324068.jpg

100mほど進んだ所に八徳寺(遺跡)がポツンとありました。
左上が御陵の森になります。
a0223379_15322560.jpg

a0223379_15362890.jpg

a0223379_15332479.jpg

八徳寺からお地蔵さんの道は上下に伸びていましたが
地図も案内板もなく尋ねる人もいなかったので
結局来た道を引き返すことにしました。
帰ってネットで調べたら吉備津神社から中山茶臼山古墳へ至る
散策コースはかなり面白そうです。
友達誘って、いつかきっと。
a0223379_153392.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-01-19 22:15 | 冬の旅 | Comments(2)

吉備の中山を訪ねて

吉備津神社は吉備の中山の麓にあるのですが
その中山の山頂に吉備津彦命の御陵、茶臼山古墳が
あると聞いて興味津々、古代吉備文化財センターから
御陵への長い階段を上ってみました。
なんてたって桃太郎のお墓かもしれないのですから。
a0223379_031843.jpg

ゼーゼー言いながら上がったら、左手前方の正面に
御陵の拝所が見えました。
a0223379_033366.jpg

宮内庁の管轄下にあり、柵が廻らされて厳かな雰囲気。
立ち入り禁止なので下から鳥居を仰ぎ見ました。
古墳時代前期に築造された前方後円墳とのことです。
a0223379_035728.jpg

そしてこの場所は備中と備前の境界・・・だから吉備の中山なのだと
ハイキングに来たご夫妻が教えて下さいました。
吉備の中山の備中側の麓には吉備津神社、備前側の麓には
吉備津彦神社が鎮座しています。
吉備津の「津」・・・中山の眼下にはその昔
瀬戸内海が入り込んでいたのでしょうね。
a0223379_043314.jpg

御陵の正面にあったベンチで一休み。
a0223379_05555.jpg

これは吉備津彦命の椅子?
a0223379_052529.jpg

吉備の中山にはあちこちに古代遺跡が点在していて面白そうです。
御陵を後に、もう少し散策を続けてみることにしました。
a0223379_010577.jpg

古墳公園の広場。
a0223379_21224163.jpg

つづく。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-01-16 00:48 | 冬の旅 | Comments(0)

初詣は吉備津神社-3

吉備津神社といえば全長360mの廻廊も外せません。
廻廊を下ると鳴窯神事で有名なお窯殿があります。
この神事の起源は桃太郎伝説のモデルともなった
吉備津彦の温羅退治のお話に由来します。

お釜殿の周辺で写真を撮っていたら
お釜殿から重低音の聞き慣れぬ音が聴こえてきました。
お釜殿が楽器のごとくグォーン、グォーンと鳴っているのです。
よく見ると連子窓から煙がモクモクと・・・
ちょうど中で祈祷が始まっていたのでした。
何度か今までお釜殿は訪ねたことがあったけれど
お釜の鳴る音を聴いたのは初めての体験。
お釜が豊かに鳴り響けば幸せが訪れるといいます。
それともあれは温羅の唸り声?
伝説の裏には歴史的な背景がきっとあったはず。
温羅の無念に思いを馳せつつ、お賽銭入れて柏手打って
吉備津神社を後にしました。

まずは吉備津神社本殿の裏山から見た廻廊。
a0223379_13303285.jpg

a0223379_13304979.jpg

a0223379_1331832.jpg

a0223379_13323852.jpg

a0223379_13325724.jpg

a0223379_13331571.jpg

お釜殿
a0223379_13333166.jpg

a0223379_13334519.jpg

a0223379_15202163.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-01-11 22:49 | 冬の旅 | Comments(0)

初詣は吉備津神社-2

引き続いて国宝に指定されている吉備津神社本殿です。
約600年前(室町時代)に再建されたもので
建築学上では比翼入母屋造りといい吉備津神社でしか見られない
特殊な様式なので別名「吉備津造り」とも呼ばれているそうです。
調和のとれた美しい建築美・・・一部ですがご覧下さい。
a0223379_038250.jpg

a0223379_0381888.jpg

a0223379_0383132.jpg

a0223379_0384470.jpg

a0223379_0385893.jpg

a0223379_12523011.jpg

a0223379_0391415.jpg

a0223379_03931100.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-01-09 13:05 | 冬の旅 | Comments(0)