ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

カテゴリ:冬の旅( 40 )

菅茶山「簾塾」を訪ねて

思えば30年も前のことになりますが
職場の上司の書道の作品で「冬夜読書」という
七言絶句を知りました。
漢詩など解読不能の私でしたが、意味を解説してもらうと
雪の夜の、先人たちの書物をひもとく喜びが
静かに私の心を満たしていったのでした。
しかし・・・
作者名も忘れ、ずっと中国の詩人だと思い込んだまま30年。
最近になってふとネットで調べてたら
「冬夜読書」の作者は管茶山。
江戸時代後期の儒学者・漢詩人で、広島県福山市神辺町出身。
茶山が人材育成のために開いた塾「廉塾」が
今も残されていると書いてあったのでした。

ええっ!管茶山が神辺町の人・・・

そういえば私の田舎から車で西へ40分ほど
広島県神辺町の国道沿いに、管茶山ゆかりの
案内標識を何度も目にしていたものの
ずっと、管茶山って誰?程度で通り過ぎていたのです。
「冬夜読書」が菅茶山だったなんて・・・
こんな近くの人だったの・・・
探していた人に30年ぶりに会えたのでした。

そんなこんなで
三連休の一日、廉塾(国特別史跡)を訪ねました。
入場無料で、観光ガイドの方が親切丁寧に
案内して下さいました。

大きなクスノキの下が正門です。
a0223379_21332827.jpg

正門をくぐると中門に続く真っ直ぐな道と
その両脇に菜園がひろがっています。
a0223379_21334473.jpg

右手には「槐寮(カイリョウ)」と名付けられた塾生たちの
寮舎があります。「槐」はエンジュの樹のこと。
以前は3棟あったそうですが、焼失して現在は1棟だけに
なっていました。
a0223379_21335977.jpg

左手には養魚池があって鯉や鮒で客人をもてなしたのだとか。
防火用水としての目的もあったそうです。
石碑の文字は茶山の書といわれ
廉塾養魚池は政酉(寛政の酉年=1789年)杪冬(12月)につくると
書いてありました。
a0223379_21342129.jpg

中門。少し小さめサイズの屋根瓦が苔むして
長いと年月を忍ばせました。
a0223379_21343545.jpg

格子戸の入り口も風情があります。
a0223379_2134498.jpg

簾塾の講堂。頼山陽は簾塾の塾頭でした。
a0223379_2135322.jpg

講堂の中庭には水路が引かれていて豊かに水が流れていました。
ここで塾生が筆や硯を洗ったのだそうです。
その時の光景を詠んだ詩の一節にハッとなりました。
「奔流手に触れて別に声を出す」
硯を洗う手が流に触れると水流の音が変った・・・
かすかな変化も見逃さない茶山の感性、凄いですね。
耳を澄ますと硯を洗う音が聴こえるような気がしました。
a0223379_21352624.jpg

梅雨の頃にはブルーの美しい紫陽花が咲くのだそうです。
a0223379_2227432.jpg

講堂玄関
a0223379_21353760.jpg

中庭と講堂
a0223379_21355227.jpg

講堂の東側
a0223379_213661.jpg

竹と板を組み合わせた斬新なデザインの濡れ縁。
心に染みる名詩もここで生まれたのかも知れません。
a0223379_21361622.jpg

丸と四角の手水鉢は「方円の手水鉢」と呼ばれ
水は入れ物次第でどんなにでも形が変わる
人の教育も同じだ、と教育の大切さを表しているそうです。
a0223379_21365091.jpg

最後にガイドさんが庭のタラヨウの葉っぱを採って来て
くださいました。
a0223379_2137487.jpg

タラヨウはハガキの語源となった葉っぱ。
葉の裏面を傷つけると本当に字が書けるので、驚きました。
紙が貴重な時代、塾生たちもメモ用紙代わりに
使ったのでしょうね。
a0223379_22185476.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-02-16 22:55 | 冬の旅 | Comments(6)

二月の午後のお散歩ショット

a0223379_18202720.jpg

a0223379_18231766.jpg

a0223379_18214824.jpg

a0223379_18225231.jpg

a0223379_18223261.jpg

a0223379_18233277.jpg

a0223379_182351.jpg

a0223379_191877.jpg

a0223379_18423524.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-02-08 13:22 | 冬の旅 | Comments(0)

雪の朝

日本上空にまたまた寒波襲来。
岡山市内も、冷え込みが厳しいです。
今日のニュースは、心に冷たい風が吹き抜ける
辛く悲しいものでした。
機体のそばに降ろされた犠牲となった方の棺・・・
出迎えるご家族、同僚、友人の姿・・・
なぜ?どうして?・・・無念で残念で怒りが込み上げます。
宗教的な動機が、なぜ暴虐なテロ行為に繋がるのか
本当に理解に苦しみます。
アッラーの教えに背いていると、なぜ気付かないのでしょう。
私たちもまた、アフリカの地図の定規で引いたような
国境線のことから、もう一度考え直さなねば
ならないのかも知れませんね。

雪景色を美しいと思うのは
雪が境界や輪郭を消してくれるからでしょうか。
a0223379_16542410.jpg

a0223379_1654482.jpg

a0223379_16551166.jpg

a0223379_16553049.jpg

a0223379_16553328.jpg

a0223379_1656215.jpg

a0223379_16563791.jpg

a0223379_16571938.jpg

a0223379_16574593.jpg

a0223379_1658663.jpg

a0223379_1734713.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-01-27 00:56 | 冬の旅 | Comments(2)

雪原のモダンアート

アルジェリア拘束事件が一日も早く解決しますように。
そして、日揮社員さんたちが
無事に元気に、帰国されることを祈りつつ・・・
a0223379_1214322.jpg

a0223379_122134.jpg

a0223379_1221616.jpg

a0223379_1223187.jpg

a0223379_123499.jpg

a0223379_123237.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-01-18 16:12 | 冬の旅 | Comments(0)

蒜山高原雪景色-2

今年も早々と寒波襲来のニュース。
首都圏に暮らす人は、いつもながら大変ですね。
でも北国の人のご苦労を思うと「甘い!」って
叱られるかもしれませんね。
ここ、岡山市内では、殆ど雪が降りません。
冬の季節の残念なことは、私のノーマルタイヤでは
県北の雪道を走れないということ。
冬の3ヶ月間はグッと我慢して、雪解けを待つのです。
今年も蒜山高原は大雪に違いないと諦めていましたが
ふと、天気予報のバックに映し出された
蒜山高原の現在の様子を見てびっくり。
雪が少ない、道路に雪がないではありませんか。
これはチャンスとばかりに、友人を誘って、カメラを積んで
冬の蒜山高原の風を深呼吸してきました。
a0223379_1194253.jpg

a0223379_1195833.jpg

a0223379_11101468.jpg

a0223379_11103123.jpg

a0223379_1111586.jpg

a0223379_11112685.jpg

a0223379_11125528.jpg

a0223379_11132437.jpg

a0223379_11124236.jpg

a0223379_11134016.jpg

a0223379_11141812.jpg

a0223379_11143425.jpg

a0223379_1115680.jpg

a0223379_11154895.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-01-16 17:17 | 冬の旅 | Comments(0)

初詣は特急「やくも」に乗って

私の実家の最寄り駅は伯備線、備中高梁駅。
伯備線唯一の特急電車「やくも」が停まります。
今まで、一度も乗ったことがなかった特急「やくも」
母が、電車に乗って初詣に行ってみたいというので
じゃあ、雪景色を見ながら出雲大社へ行こうと
いうことになりました。
終着駅の出雲市駅から一畑電車に乗り換えて出雲大社へ。
寒波の厳しい正月3日、山陰の寒さは想像以上でした。
お参りして早く帰ろうと、早速挫ける母。
出雲蕎麦くらい食べて帰ろうよと、私。
慌ただしい初詣でしたが、吹雪に身を清められながら
2013年のみんなの幸せを祈りました。
a0223379_2154499.jpg

a0223379_2155381.jpg

吹雪に霞む参道の松並木の美しいこと。
かなり吹雪いていたのに写真には写らなくて残念。
a0223379_21551417.jpg

大国主大神の国譲りのシーン。
a0223379_21561131.jpg

折しも出雲大社の御本殿は「平成の御遷宮」の修造工事中。
拝殿が大国主大神様の仮御殿となっていました。
a0223379_21564461.jpg

a0223379_21573431.jpg

a0223379_2157468.jpg

工事の囲いの隙間から、本殿を拝もうとする人たちの列。
足元の赤い丸は2000年に、三本の束ねられた柱(宇豆柱)が
発掘されたところです。
伝説の「そびえ立つ神殿」が造られていたことが
明らかとなりました。
a0223379_21584439.jpg

a0223379_21582140.jpg

a0223379_21595364.jpg

10月は全国の神様が出雲に集まって神無月となりますが
出雲では、神在月として神事が行われるのだそうです。
全国の神様たちの出雲の宿が、十九社というこの細長い社。
神在期間中にだけ、ずらっと並んだ小さな扉が開くのだそうです。
a0223379_22048.jpg

a0223379_2201647.jpg

a0223379_2201952.jpg

八雲立つイメージ。
a0223379_2203594.jpg

帰りの乗り換え川跡駅で。レトロな風情の一畑電車です。
a0223379_221154.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-01-07 01:51 | 冬の旅 | Comments(4)

吉備路散歩

防火バケツアートを先にアップしてしまいましたが
同じ日、吉備路の国分寺からこうもり塚古墳あたりまで
散策した時の写真です。
といってもわずかな距離なんですけど。
なんでこんな寒い日に来たのかと後悔しながら歩きました。
a0223379_2253245.jpg

a0223379_22525030.jpg

a0223379_2254214.jpg

a0223379_22545125.jpg

a0223379_22553666.jpg

a0223379_22561996.jpg

a0223379_22563316.jpg

a0223379_054450.jpg

a0223379_083482.jpg

a0223379_0144664.jpg

a0223379_2350571.jpg

a0223379_091940.jpg

a0223379_22572815.jpg

a0223379_22571612.jpg

a0223379_0204237.jpg

a0223379_22581211.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-12-28 00:39 | 未分類 | Comments(0)

フェルメールとルミナリエ

あれこれあって、アップするのが遅くなってしまいましたが
先週の水曜日、神戸へ行ってきました。
目的はもちろん、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」です。
ちょうどルミナリエも開催中という嬉しいおまけ付きで
二倍楽しい、冬の一日を過ごすことができました。
a0223379_2143716.jpg

展覧会では、レンブラントやルーベンス、フェルメールなど
17世紀に活躍した画家たちの珠玉の名品が展示されていました。

会場に入ってまず見入ったのは、風景画の描写の素晴らしさ。
画面の大部分を占める雲の表現。
その雲を透過する光。
降り注ぐ光に包まれて、繰り広げられる人々の営み。
小さな人物描写にも表情と存在感があり
映画のワンシーンを見ているかのようでした。
写真以前の画家の描写力って、本当に凄いです。

そして、聖書の一場面を描いたレンブラントの
「シメオンの賛歌」を前に言葉を失いました。
天から降り注ぐ光の美しさと言ったら・・・神業です。

ルーベンスの「聖母被昇天」の下絵も展示されていました。
「フランダースの犬」の最後のシーンの絵です。

そして、そして・・・フェルメール。
暗闇の中に現れた「真珠の首飾りの少女」
本物の放つ煌めきを何と表現したらいいのでしょう。
ラピスラズリの絵の具をふんだんに使ったの青いターバン。
少女の瞳、官能的にも見える濡れた唇。
大粒の真珠は、光と闇を象徴しているかのよう。
肩越しに振り向いた少女は、ちょっと目を逸らすと
闇に消えてしまいそうな・・・その永遠の一瞬の表情が
見る者の心を捉えて離さないのでした。
この絵の少女はフェルメールの想像上の人物(トローニー)と
いうのが定説のようですが、私にはフェルメールの心を
ときめかせた美しい少女が、きっと実在したと思えるのです。
画家の絵心を刺激する何かがないと
生まれなかった絵のような気がしてなりません。

長い列の流れにそって、最初は数秒のご対面でしたが
作品から2メートル程後ろにロープが張られ
そこからじっくり鑑賞することが出来て幸せでした。

☆☆☆

そして、その後は北野界隈を散策して
にしむら珈琲店でお茶して、ルミナリエに繰り出しました。
ちなみに下の写真は昼間のルミナリエです。
a0223379_21483245.jpg

大震災の犠牲者の鎮魂と、再生の希望を託して始まった
ルミナリエも、はや今年で18回目を迎えるのだそうです。
私にとっては初めてのルミナリエ。
心の中で合掌しながら
ご一緒したふーテトママさんの袖をしっかり握って
迷子にならないように、美しい光の回廊を歩きました。
a0223379_2143412.jpg

a0223379_2144225.jpg

a0223379_21434851.jpg

a0223379_2143502.jpg

最後のメイン会場で、お腹がすいてきた私たち。
たこ焼きと揚げ餅を買って、テント裏で慎ましく
幸福な一日を締めくくりました。
a0223379_2143587.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-12-18 01:59 | 冬の旅 | Comments(0)

雨あがりの河川敷で

岡山市内を流れる旭川の河口風景です。
鉛色の景色の中に小さな遊園地がありました。
a0223379_22163093.jpg

a0223379_22165297.jpg

a0223379_22165828.jpg

a0223379_22172486.jpg

a0223379_22184057.jpg

a0223379_21574554.jpg

a0223379_22191687.jpg

a0223379_22184810.jpg

a0223379_22192974.jpg

a0223379_2157322.jpg

a0223379_22194992.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-12-05 22:24 | 冬の旅 | Comments(0)

さよなら吹屋小学校

私のふるさとの近くにある岡山県成羽町吹屋には
国内最古の木造校舎、吹屋小学校があります。
今も現役ってところが凄いんです・・・が。
児童減少のために今年3月末で閉校するという寂しいニュース。
自分の中で大切にしてきた風景なので、とても残念です。
卒業生ではないけれど、最後の小学校の姿を記憶に留めたくて
さっそく訪ねてみることにしました。
校内立ち入り禁止なのでギリギリの所から撮りました。
a0223379_21463626.jpg

明治42年に西洋建築を模して建てられたのだとか。
建物は保存修理して残されるそうですが
子供らの元気な声やピアノの音色が聴こえなくなるのは
なんだか心にポッカリ穴が空くような気持ちです。
a0223379_21461225.jpg

ベンガラ色の壁と格子窓の古い町並みは戻り寒波の雪景色。
観光客の姿も殆どなく、お店も早々と店じまいしていました。
a0223379_21502975.jpg

a0223379_21465638.jpg

a0223379_21484414.jpg

a0223379_21471555.jpg

a0223379_21474026.jpg

a0223379_2147589.jpg

a0223379_21482965.jpg

一件だけ営業していたカフェからは
ボブ・ディラン「風に吹かれて」が聴こえてきて
冷えた体がちょっぴり温かくなりました。
a0223379_21495480.jpg

この茅葺き屋根がそのカフェ「紅や」です。
a0223379_21493336.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-02-28 23:16 | 冬の旅 | Comments(6)