ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

<   2011年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

東北紀行 田沢湖畔の辰子像

知らないということが、思いもよらない出会いの感動を
もたらしてくれることがあります。
田沢湖畔の「辰子像」もそうでした。
旅番組や雑誌などで何度か目にしていましたが、
すっかり脳裏から消えていました。
角館を後にして睡魔に勝てず助手席でウトウト。
目を覚ました所が田沢湖、辰子像の前でした。
a0223379_170219.jpg

日本で一番深い湖の水面を風がやさしく撫でていきます。
神秘的な湖畔に静けさを湛えて「辰子像」が立っていました。
永遠の若さと美貌を願って龍となり
湖に身を沈めたという辰子伝説。
光に移ろう水面の青を背景に、辰子像は湖神のような美しさ。
東北が生んだ彫刻家、舟越保武さんの作品と知って納得。
深い悲しみから立ち上がろうとする人たちを
やさしく導く姿に見えました。
彫刻に込められた思いが今、はっきりと伝わってきました。
a0223379_1704865.jpg

右側からだとこんな感じです。
a0223379_171586.jpg

大好きな彫刻家、舟越桂さんのお父様の作品というのも嬉しい。
a0223379_16594448.jpg



ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくんが
にほんブログ村ランキングの応援に駆けつけてくれました。
ありがとう、ふーテトママさん、ふーくん。

ふーくんバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2011-12-06 23:44 | 秋の旅 | Comments(2)

東北紀行 みちのくの小京都・角館

すっかりご無沙汰していましたが、
東北から思い出をいっぱい抱えて帰ってきました。

東北の旅は新横浜で友人夫妻と合流。
車で、まずは秋田県の角館を目指しました。
秋田道のサービスエリアで買った自動販売機のコーヒー。
紙コップにはこんなメッセージが書かれていました。
このメッセージを胸に秋田、盛岡、宮城と周り、
駆け足ではありましたが感慨深い旅をすることができました。
少しずつアップしていきますので見て下さいね。
a0223379_057537.jpg

みちのくの小京都・角館。
黒板塀で統一された格調高い武家屋敷の町並みに
名残の紅葉が鮮やかに映えて、
日本画の世界に迷い込んだかのようでした。
a0223379_1342690.jpg

a0223379_057303.jpg

お店の中まで紅葉色。
a0223379_136419.jpg

a0223379_0565111.jpg

町のあちこちに江戸の名残が・・・
これは馬を繋いだ石でしょうか。
a0223379_0563927.jpg

a0223379_0581958.jpg

そして町並みにしなやかに垂れ下がるシダレザクラの並木は圧巻。
現在450本ほどある枝垂れ桜の中で152本が
国の天然記念物なのだとか。
花の頃の美しさは格別なのでしょうね。
a0223379_058479.jpg

それにしても、きれいな景色を撮るのは
絵はがきのようになるので難しいです。
a0223379_134012.jpg

家も庭木も雪囲いを終えて冬はすぐそこまで。
a0223379_15396.jpg

青柳家の武器蔵、存在感あります。
a0223379_135451.jpg

a0223379_1362527.jpg

掃き溜められた落葉さえ美しい。
a0223379_0591664.jpg

秋時雨にしっとり濡れた歴史の町、角館。
この町を愛する人たちの美意識の高さを
垣間見ることが出来ました。
a0223379_0594986.jpg

Sさん、どうもありがとう。


ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくんが
にほんブログ村ランキングの応援に駆けつけてくれました。
ありがとう、ふーテトママさん、ふーくん。

ふーくんバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2011-12-05 15:35 | 秋の旅 | Comments(4)