ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Have a nice GW!

ゴールデンウィークの間、しばらく留守にします。
と言っても、いつもと同じ田舎へ帰るだけの
代わり映えのしないGWなのですが。
でもでも・・・
野山の小さな「ゴールデン」を見つけて
カメラに収めてきたいと思っています。
楽しみにしていて下さいね。
皆さまも楽しいGWを・・・
a0223379_1459169.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-04-27 16:15 | 日々是好日 | Comments(2)

映画 アーティスト

「アーティスト」は素敵な映画の贈り物。
白黒&サイレント映画という忘れ去られようとしている手法で
生きている歓びをシンプルに美しく描いた作品でした。
音楽も俳優たちの細やかな表情もセリフ以上に雄弁。
こんな手が残ってたんだ・・・
映画の原点でもあり、映画の未来も見えてくるような
新鮮なアイデアに素直に感動。
本年度アカデミー賞<作品賞>ほか最多5部門受賞や
カンヌ映画祭パルム・ドール賞ならぬ
パルム・ドッグ賞受賞の犬のアギーの名演技は
アカデミー賞主演男優賞をあげてもいいくらい。
心から拍手を贈りたくなるような映画でした。
a0223379_17594538.jpg

舞台はサイレント映画からトーキー映画に
移行する古き良きハリウッドの黄金時代。
サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは
共演した愛犬と共に新作の舞台挨拶で拍手喝采を浴びていました。
そんな中、未来のスターを目指す新人女優のペピーと出会います。
ペピーにとってジョージは憧れの存在。
そんなペピーにジョージは女優になるためのアドバイスをします。
女優として目立つことが必要だと
ジョージがペンシルで描くぺピーの唇の上の小さなホクロ一つ。
瞬間、ぺピーの顔がスターの輝きを放ちはじめます。

ジョージに恋してしまったペピー。
誰もいないジョージの楽屋でペピーが
彼のタキシードの片袖に腕を通して
抱きしめられる仕草をするところなど
映画史に残る名シーンと言っても良いくらいでした。

やがて映画はトーキーの時代へ。
ペピーはトーキー映画の人気女優になっていきます。
一方、サイレント映画にこだわり続けた
アーティスト、ジョージ・ヴァレンティンは
次第に時代から取り残されていくのでした。

新旧スターの立場が逆転することを彷彿させる
階段のシーンや、雨の日の路上に落ちたジョージの
ポスターのシーンなど演出も心憎いばかり。

落ちぶれていくジョージ。
そんなジョージに胸を痛めるぺピー。
なんとか復活させようと良かれと思ってした行為が
ジョージのプライドをまた傷つけたりするのでした。

しかし・・・
過去の栄光にしがみつくのをやめたとき
支えていてくれる誰かがいることに気付いたとき
人生はまた輝きはじめるのだということを
映画は教えてくれるのです。
a0223379_00930.jpg

ジョージ・ヴァレンティンを演じたジャン・デュジャルダン。
全編を通して彼の豊かな演技力に魅了されました。
チャーミングなペピー・ミラーを演じたベレニス・ベジョ。
実はこの映画の監督の奥さんなんですって。
犬のアギーには一撃で脳天もハートもうち抜かれた感じ。
「アーティスト」はミッシェル・アザナヴィシウス監督作品。
2011年のフランス映画でした。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-04-25 00:02 | 映画 | Comments(2)

春風ドライブ

友人がわらび採りに便乗して
あてもなく県北の山の中を走ってきました。
まず前方に現代アートのようなフェンス発見。
a0223379_094920.jpg

a0223379_0482331.jpg

a0223379_09993.jpg

わらびの収穫はまずまずだったけれど
まだ桜の花の残る景色を愛でながら
春の一日を惜しみました。
a0223379_0101368.jpg

a0223379_083572.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-04-21 01:29 | 春の旅 | Comments(0)

となりのサクラ

私の実家の玄関脇に桜の古木があって
今でも美しい花を咲かせてくれます。
まるでウチの桜の木ような佇まいなのですが
本当のことを言うとお隣の桜なのです。
隣のおばさんがお嫁に来た時には既にあって
花を咲かせていたというから樹齢は70年以上?
花の時も、青葉の時も、紅葉の時も、裸木となった時も
私が田舎へ帰るといつも最初に「お帰り」と迎えてくれるのが
この桜の木なのです。
昨日実家に帰った時がちょうど満開。
最近はあまり上がることのなかった二階の窓から
桜を撮ってみました。
a0223379_22443547.jpg

a0223379_22455692.jpg

a0223379_22444258.jpg

a0223379_22443598.jpg

a0223379_22462817.jpg

a0223379_22445481.jpg

a0223379_2245416.jpg

a0223379_22463989.jpg

a0223379_22455112.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-04-16 23:59 | 日々是好日 | Comments(4)

大山雪解け

醍醐桜のコンサートの後、大山へ向かいました。
待ち遠しかった雪解けの季節、今年初めての大山です。
冠雪の山は気高くて大好き。
「山は北壁だよね」とカッコつけて車を進めると
あらら・・・積雪で北壁は通行止め。
あきらめて西壁から南壁へ廻ることにしました。
西壁の大山は伯耆富士の名のとおり富士山に見えます。
a0223379_2147656.jpg

ぶなの森にはまだこんなに雪が・・・
根回り穴がだんだん大きくなって森に春が来るんですね。
a0223379_21471636.jpg

西壁から南壁が見えてきました。
a0223379_21473247.jpg

観光ルートから外れているので静かに大山を
眺めることができる私のお気に入りの場所です。
a0223379_21483378.jpg

ダイナミックな南壁と小さなネコヤナギのコントラストが
素敵でした。
a0223379_2148753.jpg

a0223379_21475882.jpg

南壁の麓の集落、御机。
ここはカメラマンたちの大山南壁撮影スポット。
この日は誰もいなくて南壁の絵はがきのような風景を
独り占めできました。
a0223379_21484670.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-04-13 00:03 | 春の旅 | Comments(2)

醍醐桜とパガニーニ

4月の爽やかな日曜日、
ヴァイオリンの演奏会に出かけました。
会場は樹齢千年の孤高の一本桜、醍醐桜の下。
なんと贅沢なシチュエーション。
ヴァイオリニスト・久保陽子さんによる
東日本復興祈願演奏会でした。
a0223379_22235218.jpg

桜の花の頃は全国からの花見客で大渋滞になる
醍醐桜ですが、まだ蕾が膨らみかけたばかり。
それでもこの樹のシルエットを見るだけでも
深く満たされるものがあるのです。
まずは挨拶方々、樹のまわりを一周してみました。
a0223379_2223417.jpg

a0223379_22243878.jpg

a0223379_22341977.jpg

醍醐桜から集落を見下ろすとこんな感じ。
標高の高い山里の丘の上に醍醐桜はあります。
a0223379_22253067.jpg

開演を待つ人々。
a0223379_22232615.jpg

久保陽子さんは、愛用のストラディバリウスで
パガニーニの24の奇想曲より4曲を弾いて下さいました。
やわらかな草の上に腰を下ろして耳を澄ませます。
ヴァイオリン美しい音色が鳥のさえずりにも聴こえて
短い時間でしたが桜の蕾と一緒に私の心の蕾も
少し膨らんだような気がしました。

演奏後、テレビ局の取材を受ける久保陽子さん。
大きな存在を背中に感じて幸せな気持ちで弾けたと
話していらっしゃいました。
笑顔がとてもチャーミングな人でした。
a0223379_22245289.jpg

醍醐桜のまわりの三椏の花も見頃でした。
a0223379_22253588.jpg

a0223379_22232458.jpg

この威風堂々のシルエットにいつもウットリです。
素晴らしい音楽を聴いた醍醐桜は
今年はどんな花を咲かせるのでしょう。
a0223379_22242327.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-04-10 00:00 | 日々是好日 | Comments(2)

春の小川のほとりで

春の小川はさらさらいくよ・・・
このシンプルな詩が美しく思えるようになったのは
私も歳を重ねたということでしょうか。
文部省唱歌なんて・・・と
それだけで耳を塞いでいたような気がします。
というか、もともと感性の乏しい子どもだったのか・・・

ふるさとの近くの山里に「春の小川」の風情を残す
小さな川を見つけました。
a0223379_21563237.jpg

周りには石垣の美しい風景が広がっていて・・・
a0223379_21564179.jpg

a0223379_2158355.jpg

石垣が動いてる、と思ったらおばあさん発見。
a0223379_21563893.jpg

小さな石を積み上げて畑を耕し続けた村人たち。
その労苦をねぎらうように咲く野の花。
すがたやさしく色うつくしく・・・
咲けよ咲けよとささやきながら・・・
そんな気持ちを込めて野の花を写してみました。
a0223379_21572891.jpg

a0223379_2157056.jpg

a0223379_215799.jpg

a0223379_21581776.jpg

a0223379_21564971.jpg


☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-04-07 23:11 | 春の野の花 | Comments(2)

巨石のオーパーツ?石の宝殿を訪ねて

兵庫の旅の最後は高砂市にある「生石(おうしこ)神社」でした。
市内が見渡せる小高い岩山に「石の宝殿」と
呼ばれる巨大な石造物をご神体とする生石神社がありました。
拝殿をくぐったら目の前に日本のオーパーツ?
三方を岩壁に囲まれて、横6.4m、高さ5.7m、奥行7.2m、
重量500tのの巨石がデーンと・・・圧巻でした。
a0223379_17342158.jpg

昔、これも夢中になって読んだのですが・・・
松本清張著「火の路」という古代史ミステリー小説がありました。
それにも石の宝殿のことが登場して、それ以来
いつか訪ねてみたいと思っていたのです。
酒船石や亀石など飛鳥を中心に点在する不思議な石造物の数々。
それらはいつだれが何のために造ったのか?
その謎を解く鍵はイランにあるのではないか?
ペルシャ人によりゾロアスター教(拝火教)が飛鳥時代に
伝来していたのでは?
益田の岩船や石の宝殿は拝火祭壇ではなかったか?
などなど・・・推理小説の形をとりながら清張流の
古代史論が炸裂していくのです。
とても興味深く読みましたが
現在はどのような学説が有力なのでしょうね。

浮いたように見える不思議な造り。
溜まった水は涸れたことがないのだそうです。
周囲を一周できるようになっていました。
a0223379_17313749.jpg

しかしそれにしてもこの立方体、何かに似ていると思ったら
昔のブラウン管テレビのかたちにそっくり。
後ろの突起部分もそっくりなんです。
この後ろの突起部分が屋根で起こして使うのが定説のようですが
立方体の形のものをわざわざ横倒しにして作るっていうのも
いまいち説得力に欠けているような気がしました。
a0223379_17315276.jpg

岩肌をみると、一枚のおおきな岩山を直接彫って
造られたというのがよくわかります。
a0223379_17325069.jpg

側面に彫られた精巧な溝。
a0223379_17321218.jpg

転んだら下まで落っこちそうな石段を登ると頂上へ。
a0223379_17332439.jpg

ご神体を上から眺めることが出来ます。
a0223379_1733296.jpg

頂上から見渡すと近くにも石切場の岩山が見えます。
このあたりは昔から「竜山石」として有名な一大石材の
産地だったのだとか。
a0223379_17331488.jpg

すっかり更新が遅くなってしまって、今頃は梅も見頃を過ぎて、
桜の季節を迎えていることでしょうね。
a0223379_17352227.jpg

a0223379_1735755.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-04-03 22:08 | 春の旅 | Comments(2)