ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

映画 ファミリー・ツリー

今、公開中の映画ファミリー・ツリーを観てきました。
ダメな夫、ダメな父親役のジョージ・クルーニー・・・
カッコ悪いところもまたカッコいいジョージ・クルーニーでした。
監督 アレクサンダー・ペイン
2011年のアメリカ映画です。
a0223379_1311859.jpg

あこがれの楽園・ハワイでの生活
酒飲んでサーフィンしてるんだろって
みんなに羨ましがられるけれど
ここ15年はサーフィンなんかしたこともない・・・
主人公のそんなぼやきから映画は始まります。
どこに暮らしても人生はそんなにラクではないのです。

ジョージ・クルーニー演じる主人公マット・キングは
弁護士の仕事に追われ子育てや家事一切は妻に任せきりでした。
その妻が突然、ボート事故で植物状態となるのです。
快復の見込みのない妻。
医師から生命維持装置を外すことを勧められて
マットは苦悩します。
そして今になって家族と向き合う事になったマットは
反抗的な2人の娘に振り回されるばかりでした。
もう一つ彼の頭を悩ませていたのは先祖が残した
広大な原野のこと。
マットはカメハメハ大王の末裔だったのです。
法律により土地を売却せざるをえない事態に直面し
財産処分の責任者だったマットは決断を迫られていました。

苦悩の日々を癒すかのように流れるハワイアンミュージックと
美しい自然が心に沁みます。

そんなマットに長女の一言が留めを刺します。
「パパは知らないの?ママは浮気してたんだよ」
自分だけが知らなかった衝撃の事実にマットは打ちひしがれます。
しかしこの事が父と娘の心を通わすきっかけとなるのです。
娘たちに不様な姿をさらしながらも
浮気相手の男がどんな男だったか知りたいと思い始めたマット。
長女が頼もしい協力者となりました。
2人の娘と長女のボーイフレンドと一緒に
浮気相手を探すちょっぴり奇妙な旅に出るのです。

なぜハワイが舞台?
なぜカメハメハ大王の末裔の設定?
妻の浮気と先祖が残した土地売却の問題が巧く絡み合って
最後、納得させられます。
すべてを許してひとつになった父と2人の娘が
テレビを見ながら大きなソファーで寛ぐラストシーンは秀逸。
3人の膝を覆うハワイアンキルトが
母の形見のものとわかった時、熱いものが込みあげました。

家族が絆を取り戻すきっかけが
妻(母)の尊厳死だったのは切ないけれど
家族の再生をじっくり丁寧に描いた素晴らしい映画でした。

でも、どこに住んでも辛い人生なら
ハワイで暮らすの、やっぱりいいな。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-05-28 01:42 | 映画 | Comments(3)

新緑の書写山圓教寺を訪ねて

新緑が美しい書写山圓教寺を訪ねました。
円教寺は兵庫県姫路市にある天台宗の古刹、
西国三十三ヶ所観音霊場 第27番札所でもあります。
ずっと前から山陽道を通る度に姫路あたりで
気になる山がありました。書写山です。
よく見るとロープウェイもあったりして
高所恐怖症ですが高い所が大好きな私・・・
上には何があるのかとずっと気になっていたのでした。
ふと思いついて何の下調べもなく行ったのが十年程前。
ロープウェイで上がった所には、
西の比叡山と呼ばれる仏教の聖地がありました。
緑の木々の中を行く参道、
そして突如現れる大伽藍は本当に感動的。
映画「ラストサムライ」のロケ地にもなりました。
私にとっては今回が7度目の書写山になります。
今回は学生時代の友人ふたりと一緒に
初夏の風が清々しい書写山圓教寺境内を歩きました。

ロープウェイ山上駅から参道脇の十一面千手千眼観音や
観世音菩薩の像に見守られながら坂道を進みます。
仁王門までゆっくり歩いて15分ほど。
a0223379_12294015.jpg

仁王門。ここから円教寺の境内です。
a0223379_1230164.jpg

仁王門から5分ほど歩いたら
緑の中に突如現れる摩尼殿に「おおっ〜!」
清水寺の舞台を彷彿させる堂々たる舞台が見えました。
崖の斜面に築かれた豪壮な舞台造りの建物です。
a0223379_12301865.jpg

摩尼殿の舞台からの眺め。
下に見えるはづき茶屋でおにぎりを食べるのが密かな楽しみ。
何度食べてもお米が美味しいんです。
a0223379_12315576.jpg

一幅の日本画のような世界。
a0223379_12331639.jpg

摩尼殿の裏から木々の間を抜けて行くと
突然、視界が大きく開けた所に出ます。
そこには室町時代に造られた大講堂、食堂、常行堂が
コの字型に並んで荘厳な空気を醸し出していました。
a0223379_12335913.jpg

食堂。 本来は修行僧の寝食のための建物。
現在は一階は写経道場、二階は寺宝の展示室となっています。
ちょうど一組の若い男女が写経している姿が素敵でした。
a0223379_123532.jpg

写経道場より。
a0223379_12354544.jpg

常行堂を眺める友人ふたり・・・
元気でずっと友だちでいようね。
a0223379_1236784.jpg

食堂の二階から見た大講堂です。
a0223379_12362851.jpg

大講堂は圓教寺の本堂に当たるお堂。
a0223379_123738.jpg

軒の美しい垂木の並びは鍵盤のよう。音楽が聴こえてきそうです。
a0223379_12372627.jpg

円教寺は966年に性空上人によって開かれたお寺。
境内の一番奥まったところに
開祖・性空上人をまつる開山堂があります。
a0223379_12375147.jpg

軒下の力士の彫刻は左甚五郎作と伝えられています。
四隅にいて屋根を支えていましたが
一つは重さに耐えかねて逃げ出したのだとか。
a0223379_12381036.jpg

静寂をやぶるのはウグイスのさえずりと啄木鳥のドラミング。
自然と仏の声に耳を澄ませ、心を澄ませば、
また新しい自分に生まれ変われるような気がしました。
a0223379_12384456.jpg

帰り、常行堂脇の小径を少し下りた木陰で見つけた仏さま。
小さいけれど一隅を照らしているかのような姿が
印象に残りました。
a0223379_123915.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-05-25 00:31 | 夏の旅 | Comments(2)

緑と水のある風景

新緑が美しい県北の渓流です。
緑と水のある風景ほど私たちの心を
潤してくれるものはありません。
豊かな森から生まれた透き通った水・・・
音楽のような、詩のような水辺の風景に
しばし時間が経つのを忘れました。
a0223379_23432912.jpg

a0223379_23424461.jpg

a0223379_23434443.jpg

a0223379_23423427.jpg

a0223379_2343107.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-05-21 01:08 | 自然 | Comments(2)

ラッキー・ドラゴン ベン・シャーン展

岡山県立美術館で開催中のベン・シャーン展を観てきました。
観てよかった・・・
絵の力、芸術の力を改めて感じさせられた展覧会でした。
a0223379_14252877.jpg

ベン・シャーン展はこれで2度目。
1981年の「国吉康雄/ベン・シャーン展」から
30年の月日が経ったことに驚きます。
その時に強く印象に残ったのが「二十羽の白い鳩」という作品。
ビキニ環礁水域でのアメリカの水爆実験により被曝した
マグロ漁船第五福竜丸の悲劇をモチーフに制作された
「ラッキー・ドラゴン・シリーズ」の中の一枚でした。
広島、長崎の原爆投下に絶望したベン・シャーンは
50年前にすでに核や原子力が抱える人類規模の問題を
絵によって告発していたのです。
画面の半分以上を埋め尽くす白い鳩と
悲しみに耐える子供の姿がずっと記憶の片隅にありました。

「二十羽の白い鳩」
1981年の「国吉康雄/ベン・シャーン展」の目録より。
a0223379_15225147.jpg

今回の展覧会で「二十羽の白い鳩」の展示はありませんでしたが
「ラッキードラゴン」と題された大きな絵に圧倒されました。
第五福竜丸の乗員・久保山愛吉さんを描いたものです。
死の灰を浴びた男がベッドに腰掛けて持つ一枚の紙きれ。
書かれていたのは名前や漁師であること。
キノコ雲の下を航海中に被曝したこと。
なにが起こったのかわからなかったこと。
そして最後の「私は放射能症で死にました」は衝撃でした。

シリーズの最後にもう一枚印象深い絵がありました。
「なぜ?」とタイトルを付けられた作品です。
キノコ雲を彷彿させる久保山愛吉さんのお墓に置かれた
一輪の美しい菊の花。花の白さが心に沁みました。
なぜ?・・・ベン・シャーンの言いようのない怒りと悲しみは
そのまま私たちの気持ちと繋がっていきます。
久保山愛吉さんのために手向けられた白い菊の花は
今、私たちの心を鎮めてくれるような気がしました。
a0223379_1521818.jpg

ベン・シャーン最晩年の作品、
リルケ「マルテの手記」より「一行の詩のためには・・・」は
リトグラフによる詩画集でした。
豊かな人生経験から生み出されるひとつの芸術。
多くを削ぎ落としたシンプルな線は静かに多くを語ります。
「ひとつの作品を生み出すためには・・・」
ベン・シャーンが最後に辿り着いた美しい境地に
感動せずにはおれませんでした。

「一行の詩のためには・・・」の表紙の絵が使われた
ガラス越しのポスターです。
a0223379_15202644.jpg

社会の不正に目をそらすことなく
社会の底辺で生きる人々の魂の美しさと孤独を
温かいまなざしで描き続けたベン・シャーン。
上のチラシの絵「W.P.A.サンデー」や「解放」など
どの作品も人間愛に満ち、深く胸を打つものばかりでした。
岡山展は5月20まで。さあ急げ!

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-05-16 00:13 | 日々是好日 | Comments(0)

大山 木漏れ日の下で

大山のブナの森で見つけた若葉たちです。
a0223379_13313497.jpg

遮光器土偶の目のようなムシカリの若葉。
a0223379_13324893.jpg

葉っぱが開いたムシカリ。
やがて横に伸びた枝に白い花を咲かせて
初夏の森を清楚に演出してくれるのです。
a0223379_0161988.jpg

落葉の中からあどけなく顔を出した兄弟。
大きくなったら何になるのでしょう。
a0223379_13324485.jpg

光とともに踊るあなたはだれ?
a0223379_13292225.jpg

ハウチワカエデ。切れ込みの浅い大きな葉っぱのカエデ。
暗紅色の花がとってもオシャレです。
a0223379_13323091.jpg

キブシの花はピアスのように。
a0223379_13294680.jpg

植物の名前をなかなか覚えることができません。
花や実が付いてなかったら尚更です。
この樹の名前も秋になったらわかるでしょうか。
a0223379_133261.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-05-11 00:01 | 春の旅 | Comments(2)

大山新緑 フィルムカメラで

GW最後の日、久々にOLYMPUS XAにフィルムを詰めて
新緑の大山で見つけた風景を切り取ってみました。
a0223379_10572252.jpg

a0223379_10562699.jpg

五月晴れなのに大山はぼんやり春霞(黄砂?)の
ベールに包まれていました。
a0223379_10511629.jpg

a0223379_10505633.jpg

大山寺橋からの南光川原。
a0223379_13201475.jpg

大山寺再建の宮大工・三輪平太のお墓の脇の湧水。
昔はこの水をペットボトルに満たして大山へ登ったものです。
a0223379_10555643.jpg

ブナの森を吹き渡る風の気持ちいいこと。
a0223379_10514991.jpg

ホトトギスのさえずりを聴きながら森の空気を深呼吸しました。
a0223379_1332515.jpg

ハウチワカエデの下で缶コーヒータイム。
a0223379_1057127.jpg

林床にはエンレイソウの大きな葉っぱ。
a0223379_10504171.jpg

鍵掛峠から蒜山方面に下ったあたりからの烏ケ仙です。
茶褐色の山肌と残雪の白い筋、裾野を覆うブナ林の
新緑のコントラストの美しかったこと。
a0223379_10513013.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-05-08 13:37 | 春の旅 | Comments(2)

GWはお遍路さん 八栗寺を訪ねて

今年のゴールデンウィークは出不精の母を連れて
五剣山の中腹にある四国霊場第85番札所八栗寺へ。
一カ所だけのなんちゃってお遍路さんをしてきました。

車の中で「遠い所には行きたくない」と何かと文句の多い母。
美味しいおうどん屋さんがあるからと宥めながら
瀬戸大橋を通過しました。
五剣山のデビルタワーのような特徴ある山が見えたあたりから
母のご機嫌もやや回復の兆し。
実家から2時間ちょっとで八栗寺の麓、
美味しいと評判の「うどん本陣山田屋」に到着しました。
その昔は銘酒醸造元だったという歴史ある佇まいと
本場の讃岐うどんに大満足して
やっと旅を楽しむモードの母となってくれたのでした。

八栗山登山口駅のケーブルカーの可愛らしいこと。
GWの混雑を予想していましたが参拝客もまばら。
背中に「南無大師遍照金剛」と書かれた数人の白衣の人に
混じって山上駅を目指しました。
ちなみに母曰く、運転手さんは
さっきまでお土産物売り場を担当していた人だったとか。
長閑でいいなあって思ったけれど
これも人件費削減の現実か?
a0223379_21165199.jpg

途中ブルーのケーブルカーとすれ違って約4分で八栗山上駅へ。
霊場にスピード感溢れる「八栗ケーブル」のロゴが
イカしてます。
a0223379_21155554.jpg

ケーブルカーを利用するルートは裏参道なのだとか。
a0223379_21163122.jpg

お天気は初夏の陽気。汗ばむほどでした。
a0223379_2118376.jpg

a0223379_21223291.jpg

木漏れ日の下に涼しげに咲くシャガの花。
a0223379_21205289.jpg

a0223379_21231670.jpg

萌黄色に多宝塔の朱色がひときわ眩しい。
a0223379_21161694.jpg

本堂の後ろに五剣山を望むことが出来ました。
かつては5つの峰が並んでいたのが地震によって崩れ
今では4峰だけの景観となったのだそうです。
a0223379_2121548.jpg

亡き人の供養のため、病気治癒の祈願のため、
お遍路の動機は人それぞれなのでしょう。
手を合わせ、ただ祈ることしかできない切なさ。
人間は哀しい生きものだとつくづく思ます。
私の家の宗派は曹洞宗ですが、
真言の札のかな文字を見ながら
「おん、あろりきゃ、そわか」と唱えると
瀬戸の穏やかな海ように心が凪いだ気がしました。
a0223379_2119169.jpg

a0223379_21194933.jpg

a0223379_21224915.jpg

a0223379_16424012.jpg

麓から歩いて上がる正式な遍路道を辿ると
この山門が迎えてくれます。
私たちは裏参道からだったのでここが最後となりました。
a0223379_21234530.jpg

偶然にも85歳の母と85番札所、ちょっと早めの
母の日のお祝いとなりました。
a0223379_2123762.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2012-05-04 16:56 | 春の旅 | Comments(6)