ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

春の佳き日に 吉備津彦神社

いつもとは別ルートで田舎へ帰る途中、渋滞中の目に
「吉備津彦神社」の案内表示が飛び込みました。
吉備津神社には何度も訪れる機会があったけれど
吉備津彦神社には昔一度行ったきり。
(「彦」の一文字が紛らわしいですね)
ちょうど車にカメラもあるし、立ち寄ってみました。

古代から神の山として崇められた吉備中山の麓の
備中側に吉備津神社、備前側に吉備津彦神社
2キロ程離れて鎮座しています。
祭神はどちらも吉備津彦命です。
大和から派遣された吉備津彦命。
温羅退治をして吉備の国を治めた伝説が
「桃太郎」のモデルとなったとも言われています。 
山頂には吉備津彦命の陵墓もあるとか。
吉備中山ウォーキングも楽しそうでしたが
時間がなかったので諦めました。

まずは、駐車場から随神門へ。
随神門から振り返って見た吉備津彦神社参道です。
a0223379_1017202.jpg

随神門。
ちょうどその日は一組のカップルの結婚式でした。
a0223379_10173385.jpg

随神門から社殿。
a0223379_10175961.jpg

拝殿の横入り口。
a0223379_10184697.jpg

拝殿、祭文殿、渡殿、一番奥が本殿です。
a0223379_1019850.jpg

a0223379_10191957.jpg

白無垢が白梅のつぼみのようで、来賓に混じって
シャッターを切らせていただきました。
a0223379_10195948.jpg

a0223379_1022221.jpg

a0223379_10221882.jpg

a0223379_21512186.jpg

記念写真を待つ椅子。
a0223379_10234750.jpg

しっかり結ばれますように・・・
a0223379_10225710.jpg

最後に参道脇にあるの池に降りてみました。
両側の池にはそれぞれ小さな島が造られていて
鶴島神社と亀島神社が祀られていました。
これは、鶴島から見たストーンサークルのある島。
この石橋から向こうは立ち入り禁止区域。
どんな祭祀が行われたのでしょうね。
a0223379_10241469.jpg

池は冬鳥たちのサンクチュアリでもありました。
この池では6月の深夜、お田植えの神事が行われるとのことです。
a0223379_10244340.jpg

吉備津彦神社の社殿配置は太陽信仰を留めていました。
夏至の日の出には太陽光が正面の鳥居から真っ直ぐ
神殿の御鏡へ射し込むのだそうです。凄いですね。
そのことから「朝日の宮」とも称されているのだそうです。
大自然の恵みに感謝し、自然と調和すること・・・
古代からの自然崇拝の祈りの形を吉備津彦神社で
見たような気がしました。
人の世が美しい自然とともに、千代に八千代に
続くといいですね。
a0223379_10251967.jpg

駐車場の脇に桃太郎がいました。
犬も雉も猿もいて、お猿さんの表情の可愛いこと。
a0223379_22192043.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-02-27 22:40 | 春の旅 | Comments(2)

春炬燵

コタツで編み物をしながら、ふと指が止まっている母の姿。
居眠りをしながら、苦労をひとつ忘れるかのように
やさしい時間が流れていました。
そんな光景を詠んだ一句です。
この頃、私も健忘症?・・・あの俳優だれだっけ?
名前が思い出せず、ほら、あの人よ、それそれ・・・
そんなことが多くなって自分がイヤになることがあります。
でも辛かったことは全部忘れて
最後に良いことだけ記憶に残れば
それはそれで幸せなことですよね。
そんな願いを込めて、俳句と最近編んでいるモチーフつなぎの
写真を合わせてみました。
a0223379_14393721.jpg

お粗末でした。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-02-22 15:35 | フォト575 | Comments(0)

冬の川

昨日は一日中雨、今日もどんより曇りの肌寒い一日でした。
暦の上では、空から降るものが雪から雨に変る時期・・・
二十四節気のひとつ「雨水」に入ったのだそうです。
寒さも峠を越えて、一雨ごとに春が近づいて来る感じがしますが
北の方は、まだまだ真冬。
写真は数年前の今頃、県北で撮影したものです。
a0223379_225391.jpg

a0223379_2255215.jpg

a0223379_2261233.jpg

a0223379_223165.jpg

a0223379_2235780.jpg

a0223379_2234650.jpg

a0223379_2252134.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-02-19 19:13 | 冬の旅 | Comments(0)

菅茶山「簾塾」を訪ねて

思えば30年も前のことになりますが
職場の上司の書道の作品で「冬夜読書」という
七言絶句を知りました。
漢詩など解読不能の私でしたが、意味を解説してもらうと
雪の夜の、先人たちの書物をひもとく喜びが
静かに私の心を満たしていったのでした。
しかし・・・
作者名も忘れ、ずっと中国の詩人だと思い込んだまま30年。
最近になってふとネットで調べてたら
「冬夜読書」の作者は管茶山。
江戸時代後期の儒学者・漢詩人で、広島県福山市神辺町出身。
茶山が人材育成のために開いた塾「廉塾」が
今も残されていると書いてあったのでした。

ええっ!管茶山が神辺町の人・・・

そういえば私の田舎から車で西へ40分ほど
広島県神辺町の国道沿いに、管茶山ゆかりの
案内標識を何度も目にしていたものの
ずっと、管茶山って誰?程度で通り過ぎていたのです。
「冬夜読書」が菅茶山だったなんて・・・
こんな近くの人だったの・・・
探していた人に30年ぶりに会えたのでした。

そんなこんなで
三連休の一日、廉塾(国特別史跡)を訪ねました。
入場無料で、観光ガイドの方が親切丁寧に
案内して下さいました。

大きなクスノキの下が正門です。
a0223379_21332827.jpg

正門をくぐると中門に続く真っ直ぐな道と
その両脇に菜園がひろがっています。
a0223379_21334473.jpg

右手には「槐寮(カイリョウ)」と名付けられた塾生たちの
寮舎があります。「槐」はエンジュの樹のこと。
以前は3棟あったそうですが、焼失して現在は1棟だけに
なっていました。
a0223379_21335977.jpg

左手には養魚池があって鯉や鮒で客人をもてなしたのだとか。
防火用水としての目的もあったそうです。
石碑の文字は茶山の書といわれ
廉塾養魚池は政酉(寛政の酉年=1789年)杪冬(12月)につくると
書いてありました。
a0223379_21342129.jpg

中門。少し小さめサイズの屋根瓦が苔むして
長いと年月を忍ばせました。
a0223379_21343545.jpg

格子戸の入り口も風情があります。
a0223379_2134498.jpg

簾塾の講堂。頼山陽は簾塾の塾頭でした。
a0223379_2135322.jpg

講堂の中庭には水路が引かれていて豊かに水が流れていました。
ここで塾生が筆や硯を洗ったのだそうです。
その時の光景を詠んだ詩の一節にハッとなりました。
「奔流手に触れて別に声を出す」
硯を洗う手が流に触れると水流の音が変った・・・
かすかな変化も見逃さない茶山の感性、凄いですね。
耳を澄ますと硯を洗う音が聴こえるような気がしました。
a0223379_21352624.jpg

梅雨の頃にはブルーの美しい紫陽花が咲くのだそうです。
a0223379_2227432.jpg

講堂玄関
a0223379_21353760.jpg

中庭と講堂
a0223379_21355227.jpg

講堂の東側
a0223379_213661.jpg

竹と板を組み合わせた斬新なデザインの濡れ縁。
心に染みる名詩もここで生まれたのかも知れません。
a0223379_21361622.jpg

丸と四角の手水鉢は「方円の手水鉢」と呼ばれ
水は入れ物次第でどんなにでも形が変わる
人の教育も同じだ、と教育の大切さを表しているそうです。
a0223379_21365091.jpg

最後にガイドさんが庭のタラヨウの葉っぱを採って来て
くださいました。
a0223379_2137487.jpg

タラヨウはハガキの語源となった葉っぱ。
葉の裏面を傷つけると本当に字が書けるので、驚きました。
紙が貴重な時代、塾生たちもメモ用紙代わりに
使ったのでしょうね。
a0223379_22185476.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-02-16 22:55 | 冬の旅 | Comments(6)

春の妖精 セツブンソウ

昨年の3月10日、偶然通りかかって見つけたセツブンソウ。
初めてのセツブンソウの可愛らしさに感激しましたが
この時は残念ながら少し見頃を過ぎていました。
そりゃ、節分の頃に咲くからセツブンソウですもの・・・
a0223379_21241216.jpg

そしてこの3連休の一日、ふとセツブンソウの事を思い出し
もしかしたら咲いているかもと、車を走らせました。
しかし、昨年の山の斜面には、まだ花の気配なし。
ションボリしていたら、野良仕事中のお爺さんが
近くの別の群生地に咲いていると親切に教えて下さったのでした。
a0223379_21242892.jpg

神社の急な石段脇に、やわらかな春の日差しを浴びて
セツブンソウが咲き始めていました。
懐かしい友たちに会えたようで、思わず笑みがこぼれます。
花で一年が巡ったことを知る・・・素敵なことですね。
a0223379_21285417.jpg

ちなみに白い花の部分は、実は花ではなくガク。
セツブンソウはキンポウゲ科の多年草です。
高さ10cmほどですから、写真と撮るのも大変。
a0223379_21243625.jpg

セツブンソウやカタクリなど、早春に咲く儚いいのちの花を
春の妖精、スプリングエフェメラルといいます。
束の間の春を謳歌するように、地上で精一杯美しい花を咲かせ
そしてわずか一月ほどで地上から姿を消してしまうのです。
エフェメラルには「儚い」とか「束の間」の意味があるのだとか。
転じて「春の妖精」・・・美しいですよね。
一生の殆どを、地下で過ごす蝉やカゲロウなどと似て
ものの哀れも感じさせてくれる花です。
a0223379_21244662.jpg

a0223379_21245846.jpg

a0223379_2125782.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-02-13 00:01 | 春の野の花 | Comments(0)

二月の午後のお散歩ショット

a0223379_18202720.jpg

a0223379_18231766.jpg

a0223379_18214824.jpg

a0223379_18225231.jpg

a0223379_18223261.jpg

a0223379_18233277.jpg

a0223379_182351.jpg

a0223379_191877.jpg

a0223379_18423524.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-02-08 13:22 | 冬の旅 | Comments(0)

「3COINS」の小さな幸せ

倉敷イオンモールにある「3COINS」に行ってきました。
オシャレな雑貨がオール315円とはうれしい!
100円よりもちょっと贅沢なお買い物気分に
浸ることができました。
全部合わせて、1890円也。
ゲットした小さな幸せの品々をご覧下さい。

綿にビニールコーティングのバスケット。
ふーテトママさんから誕生日にいただいた毛糸を
入れて使っています。
a0223379_17135715.jpg

小さな木製のテーブル。
野の花が似合いそうです。
a0223379_17143057.jpg

ネット編みエコバック。二色セットでした。
ルーシー・リーのポスターといっしょに。
a0223379_19253934.jpg

三枚組のキッチンクロス。
裏地はタオル仕様になっています。
a0223379_1714563.jpg

スカーフハンガー。
スカーフが滑り落ちないように粘着性のある塗料が
使われていて、感動しました。
a0223379_171582.jpg

クマさんのキッチンスポンジは4個セット。
可愛くて、使うのがもったいない。
うち2匹はふーテトママさんちに養子縁組が決まりました。
a0223379_17152259.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-02-05 19:27 | 日々是好日 | Comments(0)

春来る

今日は節分。
春らしい暖かい日差しが降り注いでいます。
そろそろ梅の花便りも聞こえて来る頃となりましたね。
でも、また北からの冷たい空気が流れ込み
気温も平年並みに戻るとか。
寒暖の差が激しいので風邪をひかないようにしましょうね。

友人家のベランダで一句。
a0223379_0424055.jpg

お粗末でした。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2013-02-03 16:45 | フォト575 | Comments(0)