ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

映画 Mommy/マミー

最近の音楽とかファッションとか、もう若い人にはついていけないと
つい尻込みしがちになりますが・・・
26歳のカナダの映画監督、グザヴィエ・ドランの才能は
毎回、そんな私の心を打ちのめしてくれます。
最初に見たのが「私はロランス」・・・これが衝撃でした。
性同一性障がいに悩む主人公と、恋人の女性との10年にわたる
切ないラブストーリーでしたが、何と言ってもその抜群の映像センス!
空から洗濯物が降ってくるシーンは、今も鮮やかに脳裏に甦ります。
23歳の時の監督作品と知り、若い才能に震えました。

それから、19歳での監督デビュー作「マイ・マザー」のDVDを借りて
昨年は映画館で「トム・アット・ザ・ファーム」も観ることができました。
作品ごとに進化し、名を高めていくドラン監督の想像力。
監督だけでなく俳優、制作、脚本、編集、衣装までこなすのですから
才能が迸るってこのことですね。
a0223379_1614721.jpg

そんな彼の最新作「Mommy/マミー」も期待を裏切らない完成度。
デビュー作「マイ・マザー」と同じ母と子の愛がテーマの作品です。
正方形のスクリーンサイズで見せる母と子の愛と葛藤の日々・・・
その窮屈な画面が、より濃密な母と子の関係を際立たせていました。
テーマは重いけれど、音楽の選曲も映像もスタイリッシュでオシャレ。
どのカットも一冊の写真集を開いているかのようでした。

物語の舞台は2015年、架空の国、カナダという設定。
そこで新政権による新たな法律のひとつが可決します。
それは発達障がいの子供を持つ親が、精神的肉体的に養育困難に陥った場合
法的手段を取らずに、子供を施設に入れる権利を持つというものでした。
(ネタバレ注意)
a0223379_16153069.jpg

ダイアンはシングルマザー。
15歳の息子スティーヴはADHD(多動性障害)で、情緒不安定になると
手が付けられないほど暴れるという問題を抱えています。
スティーヴは施設に入っていましたが、トラブルを起こしたことで
ダイアンはスティーヴとの二人暮らしを余儀なくされるのでした。
スティーヴを引き取ってからというもの、母と息子の言い争いは
絶えないけれど、落ち着いているときのスティーヴは優しく素直な少年。
ある日、彼は「Mammy」のスペル入りペンダントをプレゼントします。
しかし、万引きではと問いただすダイアンの言葉に切れたスティーヴは
ダイアンの首を絞めてしまうのでした。
息子を殴って逃げるダイアン・・・
突然攻撃的になる息子にダイアンは戸惑うばかりの日々でした。

そんな時、ふたりは近所に住む教師の女性カイラと知り合います。
精神的なストレスから吃音になってしまって休職中のカイラ。
ダイアンからスティーヴの家庭教師を頼まれたことから
ふたりとの関係を深めていくのです。
a0223379_16201129.jpg

カイラの存在でダイアンとスティーヴの関係にも変化が訪れます。
カイラの吃音もまた少しずつ快方に向かっていくのでした。
三人の、これですべて上手くいくかのような青空の下
ローラースケートに乗ったスティーヴは、自分を解き放つかのように
正方形の窮屈な画面をフルスクリーンに押し広げるシーンがあります。
観ているものの心にも、風が吹き抜けるような開放感。
スクリーンの画角で心情を表現するなんて・・・なんと心憎いセンス!
これは映画史に残る名シーンでしょうね。
どうぞこのまま幸せな日々が続きますように、と
祈らずにはいられませんでした。
a0223379_16172547.jpg

しかし画面はまた元の正方形へ。
スティーヴが施設にいた時に起こしたトラブルの訴状が届くのでした。
お金に工面するダイアン。そんな母の苦労も顧みず荒れて
自殺未遂までしてしまうスティーヴ。
追いつめられたダイアンは、とうとうある決心をするのでした。
a0223379_16204088.jpg

ピクニックと偽って楽しげにドライブする三人。
運転するダイアンの脳裏には、スティーヴが成長し結婚して
幸せになるシーンが浮かぶのでした。
切ない母の夢が、観るものの心を揺さぶり涙が溢れます。
その空想シーンには、またフルスクリーンが採用されて
大人になったスティーヴをグザビエ・ドランが演じていました。

トイレに行くと言って車を下りたダイアン。
トイレから現れたのは三人の男と一緒のダイアンでした。
激しく抵抗するスティーヴ。複雑な表情のカイラ。
最良と思った決断でしたが、ダイアンは深く苦しむのでした。

スティーヴは法に基づき施設で治療の道へ。
やがてカイラも夫の転勤で街を去ることになります。
ひとり残されたダイアン・・・
ダイアンの胸にはずっと「Mammy」のペンダントが・・・
切っても切れない母と息子の絆を象徴しているかのように
光っているのでした。

どの判断が正しいか、それは誰にもわからないことです。
母の愛だけで保護し続けることに未来はないということも確か。
それは「希望の選択」だったというダイアンに
母の強さと普遍の愛を見たような気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原題:Mommy
製作年:2014年
製作国:カナダ
監督:グザビエ・ドラン
製作:ナンシー・グラン、グザビエ・ドラン
脚本:グザビエ・ドラン
出演:アンヌ・ドルヴァル/ダイアン
   アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン/スティーヴ
   スザンヌ・クレマン/カイラ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-06-29 00:12 | 映画 | Comments(0)

大英博物館展とみかどパン

東京は行きたい見たい所がありすぎて
どこへ行っていいか判断に困ってしまいます。
上京4日目は、前日の上野の森の感動を友人にも、と
友人を誘ってまた上野へ繰り出しました。
そして一緒に東京都美術館の「大英博物館展」を観てきました。
「モノ」が語る時空を超えた人類200万年の旅・・・
中でもイラクの王家の墓から見つかった紀元前2500年頃の謎の箱
「ウルのスタンダード」が印象に残りました。
何と言っても今から4500年も前のラピスラズリの深い青の美しいこと。
そのラピスラズリを贅沢に散りばめたモザイク模様の片面には
平和の図が、反対側には戦争の図が描かれていました。
メソポタミア文明がいかに豊かな文明だったか
そして人類の歴史は戦争の歴史だったことも知ることができました。
ポスターの右下が「ウルのスタンダード」です。
a0223379_2235837.jpg

上野の森の長閑な午後のひととき。
a0223379_13532843.jpg

彫刻作品のような和服の老人。
a0223379_0295911.jpg

これもアート?上野の森では何でも作品に見えます。
a0223379_13535643.jpg

シュールな森の住人はダリでしょう。
a0223379_1354984.jpg

そろそろお腹も空いてきた私たち。しかし園内のカフェはいっぱい。
そこでイラストマップに載っていた気になるお店「みかどパン」で
焼きたてのパンを買って上野の森で食べようということになりました。
「みかどパン」の傍にはヒマラヤ杉の巨木があると書いてあったから
すぐにわかると思っていたのですが・・・
いつも食べるものになかなかありつけない私たち。
マップの示す場所に立っても、ヒマラヤ杉も「みかどパン」もない。
人に尋ねてもなぜか辿り着けないのです。
「みかどパン」はとりあえず諦め、通りがかりに見つけたカフェでランチ。
気持ちに余裕の出来た私たちは、もう一度「みかどパン」方面の
迷路のような路地に迷い込んでみました。
あてもなく路地を彷徨い「みかどパン」のことを忘れかけていた頃
三叉路に大きなヒマラヤ杉を見つけたのでした。
その巨木の下には小さなお店が・・・看板に「みかどパン」とありました。
a0223379_13544366.jpg

「みかどパン」はパンやお菓子を販売する食料品店でした。
ヒマラヤ杉は戦前から鉢植えで育てていたものが
いつの間にかこんなに大きくなったのだそうです。
a0223379_13553227.jpg

a0223379_13551834.jpg

美味しいパンにありつくことはできなかったけれど
三叉路のヒマラヤ杉とパン屋さんの佇まいは
絵に描いてみたくなるような風景で
しばし足の疲れを忘れることができました。
それにしてもイラストマップのアバウトなことといったら・・・
a0223379_13555041.jpg

東京の旅シリーズはこれでお終いです。
お付き合い下さいまして、ありがとうございました。

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-06-25 00:14 | 夏の旅 | Comments(0)

上野の森

谷中からいつの間にか上野公園に足を踏み入れていました。
ケヤキやクスノキや、雨に濡れた新緑の森の美しさ・・・
その森の中に名だたる博物館や美術館が点在していて
東京ってやっぱり凄いところだなあ、と改めて感動。
お上りさんも芸術の香りを深呼吸させてもらった
幸せな午後のひとときでした。

滝廉太郎のピアノの音が聴こえてきそうな旧東京音楽学校奏楽堂。
保存修理工事のため休館中でした。
a0223379_23504634.jpg

a0223379_2350577.jpg

a0223379_23511362.jpg

a0223379_23512725.jpg

そして、この日の谷中・上野ウォーキングの最終目的地
国立西洋美術館前庭のロダン「地獄門」へ。
印刷物では見たことがあったけれど
実物を前にすると細かい描写に圧倒されました。
a0223379_23524029.jpg

「地獄門」の反対側にはロダン「考える人」
a0223379_23522788.jpg

「考える人」は「地獄門」の一部分を拡大して造られたもの。
地獄門の上から地獄を見下ろしている人でした。
a0223379_2353479.jpg

a0223379_23531867.jpg

彫刻を鑑賞するというより、現実の世界の戦争や紛争、自然災害などの
ニュース映像と重なり、私もまた考える人のひとりになっていました。
a0223379_1535787.jpg

a0223379_14341373.jpg

地獄門の向かって左には「アダム」右には「エヴァ」が・・・
人間の苦難はすべてここから始まるのですね。
a0223379_15451168.jpg

a0223379_15452621.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-06-22 14:50 | 夏の旅 | Comments(0)

谷中 朝倉彫塑館

谷中でもうひとつ行ってみたかったのが朝倉彫塑館・・・
谷中の路地の入り組む中にひっそり佇んでいました。
近代日本の彫塑の基盤を築いたといわれる朝倉文夫の
アトリエ兼住居だったところです。
a0223379_21111937.jpg

朝倉文夫が自ら設計デザインした邸宅は、和洋折衷の調和が見事で
細部にわたり朝倉文夫の美学を感じさせるものでした。
a0223379_21113648.jpg

最初の展示室は朝倉文夫のアトリエだった部屋。
アールを帯びた天井窓から射し込む柔らかな光の空間に
「墓守」や「時の流れ」「大隈重信像」など
代表作のブロンズが展示されていました。
人間の内面から肉付けされた立体造形はどれも深い精神性を讃え
東洋のロダンと称された所以がわかるような気がしました。
a0223379_21114883.jpg

隣の和洋の書籍が天井まで並んだ書斎も圧巻でした。
その本棚もまた建物のアールに沿って造られていて心憎いばかり。
a0223379_21122994.jpg

書斎の隣の応接間だったところには人体の骨格標本も展示されて
彫塑はここから肉付けしていくのだと改めて納得させられました。
a0223379_2112058.jpg

応接間を出ると建物に四角く切り取られた中庭があります。
中庭というより池のイメージに近いかも。
小さな中庭ですが、庭石や草木の配置にもセンスが光ります。
ちょうど雨が降っていて、中庭は息を呑むほどの美しさ。
四方の軒から池に落ちる雨だれは音楽のよう・・・
それさえ計算してデザインされたかのような中庭なのでした。
a0223379_21131285.jpg

中庭の向こう側は竹をモチーフにした和の住居部分になっていました。
二階も三階も朝倉文夫のこだわりが随所にあって見所いっぱい。
屋上庭園も楽しみでしたが、雨のため公開は中止でした。
気になっていた、屋上から見下ろしていた少年?の像を
確認出来なかったのが残念でした。
a0223379_21121954.jpg

これでお終い、と玄関ホールに戻ったら
階段の上にもうひとつ展示室がありました。
朝倉自身が可愛がって猫たちの作品が展示されていたのです。
愛猫家ならではの視点で捕えた猫たちの一瞬の造形・・・
谷中の猫たちの素敵なアンコールでした。
a0223379_21132942.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-06-18 01:54 | 夏の旅 | Comments(0)

谷中

東京の旅3日目は、ネットを通じて知り合った仲間3人が
田端から谷中、上野公園コースを案内してくれました。
田端はかつての文豪達が多く暮らした地。
芥川龍之介が「羅生門」を執筆した旧居跡がありました。
(旧居跡はマンションが建っていて写真はパスです)
「羅生門」から下町の風情を残す谷中銀座や墓地を抜けて
最終目的地は上野公園のロダン「地獄門」・・・
頼もしい仲間たちのお陰で、東京の歴史や文化の奥深さを
垣間見ることが出来た充実の一日でした。
Sさん、Yさん、Kさん、ありがとうございました。

まずは谷中から。
有名な「夕焼けだんだん」はこんなところでした。
夕焼け色に染まった下町の風景が目に浮かぶようです。
a0223379_2365382.jpg

夕焼けだんだんを下りたところが谷中銀座。
昭和に迷い込んだような商店街が立ち並んでいました。
a0223379_2371754.jpg

谷中の猫はどこ???
仲間のひとりが指差す方を見ると屋根の上に猫が・・・でも動かない。
本物と見間違うほどよく出来ている猫でビックリでした。
これは木彫に彩色でしょうか。
三沢厚彦さんの木彫の動物にも通じるような存在感でした。
どんな人の作品なのでしょうね。
猫も何匹かいましたが雨も降り出してシャッターチャンスなしでした。
a0223379_2373123.jpg

何のお店か読めますか?ブリキ屋さんだそうです。なるほど。
a0223379_2375043.jpg

土と瓦を交互の積み重ねた江戸時代の土塀が残っていました。
a0223379_2381976.jpg

谷中墓地。有名人のお墓がたくさんあるそうです。
a0223379_239667.jpg

狩野芳崖のお墓。
a0223379_2384552.jpg

雨のさくら通り。谷中墓地は想像以上の広さです。
a0223379_239221.jpg

明治初期の稀代の悪婦、高橋お伝のお墓。
未だにお花が絶えないのは、彼女が犯した罪にも
同情すべき事情があったからでしょうね。
a0223379_239453.jpg

徳川家最後の将軍、徳川慶喜公の墓所もありました。
a0223379_23103224.jpg

ご主人のお墓参りに来たような谷中猫発見。
a0223379_23104687.jpg

お墓参りグッズのお店?石屋さん?
a0223379_2311193.jpg

カヤバ珈琲店の佇まいも素敵でした。
a0223379_23111419.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-06-14 21:19 | 夏の旅 | Comments(0)

江ノ電と江ノ島

湘南といえば江ノ電に乗るのも楽しみのひとつ。
民家の軒先や庭の植え込みをギリギリにかすめながら
スリリングに走り抜けたかと思ったら
キラキラ光る湘南の海の絶景を見せてくれたり・・・
江ノ電が人々に愛され続ける理由がわかるような気がしました。
a0223379_2353213.jpg

江ノ電から江ノ島の島影を見たら、やっぱり江ノ島へも
行ってみたくなりました。
下の写真は江ノ島の弁天橋を渡る途中で撮ったものですが
確かこの向こうに冨士山がデーンと見えるはずなのですが・・・
a0223379_23312824.jpg

私はずっと江ノ島といえばマリンレジャーの拠点のイメージしか
もっていませんでした。スミマセン。
まさか島全体が江島神社の境内だったとは、びっくりです。
旅はするものですね。
青銅の鳥居をくぐると江島神社の参道が続いていました。
a0223379_23314769.jpg

朱の鳥居が江島神社の入り口。
日本三大弁財天のひとつをお祀りする由緒正しい神社です。
a0223379_2332833.jpg

a0223379_23322943.jpg

a0223379_23325155.jpg

a0223379_2333311.jpg

a0223379_23335271.jpg

江ノ島頂上の展望塔から。
a0223379_23341926.jpg

江ノ島東浜の湘南ボーイズ。
a0223379_23344925.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-06-12 01:52 | 夏の旅 | Comments(0)

鎌倉 長谷寺

紫陽花の見頃にはちょっと早かったけれど
季節の花木で彩られ長谷寺は、想像以上に魅力的なお寺でした。
一本のクスノキから彫られたという十一面観音(長谷観音)や
弁天窟の壁に刻まれた弁財天、十六童子など他にも見所いっぱい。
見晴し台や紫陽花の散策路から眺める湘南の海もオシャレで美しくて
鎌倉の魅力を堪能することができました。
a0223379_23361764.jpg

a0223379_2335174.jpg

a0223379_23311994.jpg

a0223379_0333459.jpg

a0223379_23333877.jpg

a0223379_23315766.jpg

a0223379_23341220.jpg

a0223379_23344859.jpg

a0223379_233514100.jpg

a0223379_2336773.jpg

a0223379_23342646.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-06-09 00:31 | 夏の旅 | Comments(0)

鎌倉の大仏さま

8年前に鎌倉を訪ねた時、帰りの鎌倉駅で何か大事なものを
忘れていることに気付きました。
鎌倉へ来たというのに大仏様にご挨拶するのを忘れていたのです。
ずっと気になっていたので、今回はまず鎌倉の大仏さまに
会いに行くことにしました。
a0223379_20553929.jpg

もともとは大仏殿に安置されていた大仏さま。
その昔、津波の被害で大仏殿は流されてしまったのだそうです。
青空の下に鎮座し、多くの参拝客に取り囲まれている大仏さまの姿は
仏さま自らが人間の世界に降りて来ているような印象を受けました。
人と一緒に風雨にさらされる仏さまは
人の苦難を一緒に背負ってくれているかのようです。
ちょっと猫背の堂々とした風格、やさしいまなざしに親しみを感じした。
お賽銭を入れて手を合わせてみたけれど
それよりも会いたい人にやっと会えたような幸福感を
味わうことができました。
a0223379_20555489.jpg

大仏さまの後ろに回ってみると・・・背中に不思議な窓が。
大仏さまも新鮮な空気を呼吸しているのでしょうか。
a0223379_2056711.jpg

大仏さまの胎内にも入ることができました。
鋳造の様子を垣間見ることが出来ます。凹んだ部分が頭部です。
a0223379_20562296.jpg

a0223379_20563997.jpg

a0223379_2057811.jpg

a0223379_20572495.jpg

a0223379_20574331.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-06-05 16:03 | 夏の旅 | Comments(0)

ルーブルとマグリット展・国立新美術館

4泊5日で、おのぼりさんツアーをしてきました。
友人に会うのが目的でしたが、美術館を巡ったり下町を散策したり
鎌倉や江ノ島へも足を伸ばしました。
30日の夜には新宿駅のホームで震度4の地震の恐怖を体験。
電車が止まって、駅で一夜を明かすのかと不安になりましたが
幸い1時間ちょっとで電車が動きだしホッしました。
いろいろあったけれど、久々の東京、中身の濃い満ち足りた時間を
過ごすことができました。

まずは国立新美術館でルーブル美術館展とマグリット展を観ました。
a0223379_18213875.jpg

ルーブル展のお目当てはフェルメールの「天文学者」待望の初来日です。
フェルメールは2012年の冬、神戸で「真珠の首飾りの少女」を観て
これで2点目。楽しみにしていました。
大勢の列に並んでやっと会えた「天文学者」でしたが、なぜか変な感じ。
「真珠の首飾りの少女」の時のような感動が伝わってこないのです。
色がクリアじゃない、保存状態がよくないのでしょうか・・・
本物の放つ宝石のような煌めきが、目に心に迫って来なかったのが
不思議でした。印刷物の方がいいかも・・・などと
本物の前で不謹慎なことを思ったりしました。
ルーブルは風俗画の歴史を一望するコレクションでしたが
全体的に足を止めて見入るような絵が少ないかな、といった印象でした。
しいていえばブリューゲル、コロー、ムリーリョの「蚤をとる少年」が
良かったかな。
a0223379_16332168.jpg

マグリットは13年前の回顧展で「空の鳥」を観て好きになりました。
ありふれた日常にさりげなく潜むシュールな世界。
シュ−ルな絵はどちらかというと苦手でしたが
マグリットはダリほど複雑でも難解でもないような気がして
あまり構えることなく楽しめました。
マグリットの重要な絵のモチーフ、空や雲、石(岩)も大好きです。
画面の端っこの「magritte」のサインも巨匠のものとは
思えない程カワイイものでした。
ルーブルの物足りなさをマグリットが満たしてくれました。
a0223379_16345832.jpg

「空の鳥」
a0223379_16351316.jpg

a0223379_16354810.jpg

国立新美術館の建物も素晴らしい芸術作品です。
岡山にはこんなのありません。
おのぼりさんは3階のフロアまで上がってみました。
a0223379_1636146.jpg

a0223379_16363169.jpg

a0223379_16364436.jpg

a0223379_16365932.jpg

a0223379_22351249.jpg

☆ ☆ ☆

ランキングの応援に駆けつけてくれた
ブログ「猫日和。キルト日和。」でおなじみのふーくん。
ふーくんバナーをクリックすると
きっとあなたにもいいことが・・・

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2015-06-03 22:26 | 夏の旅 | Comments(2)