ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

明王院・草戸千軒遺跡を訪ねて

勤労感謝の日は友人と今年最後の森林公園へ行こうと
約束していたのに生憎の雨となって、急遽、予定を変更。
先週でしたか、BS朝日の「五木寛之の百寺巡礼」で
広島県福山市にある「明王院」が放送されたのを思い出し
岡山から西へ高速で1時間ちょっと、久しぶりに
晩秋の明王院を訪ねることになりました。
a0223379_16243553.jpg

明王院(中世には常福寺)は弘法大師開基と伝えられる真言宗の古刹。
国宝の五重塔や本堂を有する明王院は
瀬戸内海に注ぐ芦田川河口の中腹にあります。
a0223379_16244152.jpg

山門を抜けると鎌倉時代建立の国宝、本堂。こじんまりとした佇まいですが
屋根の優美な曲線は、天女が衣を翻したかのように見えました。
a0223379_16245518.jpg

そして南北朝時代建立の国宝、五重塔。
a0223379_1625373.jpg

a0223379_16251122.jpg

a0223379_16251633.jpg

a0223379_16252877.jpg

a0223379_19375872.jpg

名残りの紅葉の中に佇む国宝の建築物も素晴らしいですが
ここの魅力は境内から見下ろす川の中州にあると言っていいでしょう。
今はただススキやセタカアワダチソウが何事もなかったように
風に揺れている中州風景ですが、この川底に中世の都市が
眠っているというのです。その都市の名前は「草戸千軒」
明王院の門前町として鎌倉から室町にかけて300年栄えたそうですが
ある時忽然と(洪水?)消滅したというからロマンを
掻き立てられます。

江戸時代から伝えられてはいたけれど、昭和中頃の発掘調査で
初めて中州に中世の集落遺跡が存在する事がわかったのだとか。
出土品は広島県立歴史博物館に草戸千軒ミュージアムとして
展示されているのですが、その出土品の数の多さ、そしてリアルなこと。
瀬戸内海に面した港町として発展し地域経済の拠点でもあった草戸千軒。
明王院を心の拠り所としながら、往時の民衆がいかに生き生きと豊かに
暮らていたか伺い知ることができました。
a0223379_16253410.jpg

銀杏の落葉の中に草戸千軒の遺跡から出土した石塔が。
a0223379_16261253.jpg

五重塔の裏には愛宕神社の鳥居があってちょと不思議な雰囲気。
a0223379_16262428.jpg

美しい竹林を、愛宕神社のある山頂まで登ってみました。
a0223379_16263045.jpg

a0223379_16264272.jpg

展望台から芦田川の中州、草戸千軒遺跡を望むことができました。
a0223379_1629166.jpg

それにしても五木寛之さんはお若い!
五木さんと言えば「青年は荒野をめざす」青春時代の憧れの存在でした。
とても84歳とは思えません。
背筋もピンと、石段も軽々と、あんなふうにかっこ良くオシャレに
歳を重ねたいものです。

☆ ☆ ☆

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2016-11-28 20:10 | 秋の旅 | Comments(2)

晩秋の帰り道

母の待つ実家へと続く山越えの道。
毎週毎週たいへんだね、と皆が労をねぎらってくれるけれど
見慣れた風景も通るたびに表情を変えて
私の気持ちを和ませてくれます。
小春日和のさわやかな午後、車を停めて
晩秋の澄んだ空気を深呼吸してみました。
a0223379_16454614.jpg

a0223379_16455879.jpg

a0223379_1646486.jpg
a0223379_16461141.jpg

a0223379_2319138.jpg

a0223379_16462618.jpg

a0223379_1646403.jpg

a0223379_16463414.jpg

a0223379_16464467.jpg

☆ ☆ ☆

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2016-11-22 22:55 | 秋の旅 | Comments(0)

ブログ再開は紅葉の大山から-2

大山二の沢の紅葉です。
二の沢は侵入禁止のロープが張ってあって、いつもは車を停めて
下から見上げるだけでしたが、この日はちょうど観光バスから
カメラマンの団体さんが下りてきて、ロープを跨いで入って行くので
撮影ポイントがあるのかもと、ちょっと離れて付いて行ってみました。
二の沢からの大山は山頂部がガスに隠れていましたが
上るにつれ今まで見たことがない大山の山容を見ることができました。
a0223379_20142955.jpg

沢の堰堤を3カ所ほど上ったあたりでしたか、久々の大山に時間も忘れて
写真を撮っていると、何やら下の方から「・・・急いで下山してください」
と、繰り返しアナウンスしているのが聞こえるではありませんか。
なぜか「急いで下山して下さい」の部分だけがはっきり聞きとれて
も、もしかして余震?大山噴火?

怯える人?
a0223379_20072232.jpg

10月21日に発生した鳥取中部地震の揺れの恐怖が記憶に新しいので
小心者の私に緊張が走りました。すぐに引き返えさねば・・・
と思ってもゴロゴロ石の足場が悪くてうまく逃げられないし
ビクビクドキドキ。
a0223379_20074403.jpg

a0223379_20080594.jpg
a0223379_20085513.jpg
a0223379_20134034.jpg

a0223379_20140033.jpg

するとまたアナウンスがあって、よく聞くと
「バスの発車時刻が過ぎています。急いで下山して下さい」でした。
あ〜、怖かった!
自然災害の恐怖も味わった大山紅葉狩りの一日でした。
a0223379_20064673.jpg

☆ ☆ ☆

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2016-11-14 22:24 | 秋の旅 | Comments(0)

ブログ再開は紅葉の大山から

皆さま、すっかりご無沙汰してしまいました。石ころです。
休止のお知らせの折には、心温まるコメントをいただき
本当にありがとうございました。
早く皆さまにお会いしたいと思っていたのですが
あれこれ野暮用などありまして、写真を撮りに行く気にもなれず
一年ぶりの再スタートとなってしまいました。
まだかまだかと心待ちにブログを訪問して下さっていた皆さま
そしてお休みしている間もずっと応援クリックをし続けて
下さった皆さま、本当にありがとうございました。
a0223379_1082927.jpg

昨年の今頃、妹がくも膜下出血で突然倒れ、治療の甲斐もなく
一週間で帰らぬ人となってしまいました。
ありふれた日常がいかに尊いことか、こんな時思い知らされます。
でも底知れぬ悲しみや寂しさの中にあって、私を元気づけてくれたのは
やっぱり美しい風景や音楽、そして映画でした。

どこにいても無線で繋がる世の中なら天国へも私のメッセージが届くはず。
この世に様々な思いを残して旅立った人へ
ささやかな鎮魂の気持ちを込めつつ、これから少しずつですが
更新していきたいと思っています。
これからも「石ころコロコロ」をどうぞよろしくお願い致します。
a0223379_1084434.jpg

そんな訳で、先週のことになりますが、大山へ行ってきました。
春ごろから行こうとすると悪天候に祟られて
やっとやっと今年初めての大山ドライブとなりました。
大山初冠雪の日でしたが、思ったほど寒くなく
久しぶりにシャッター音を楽しみながら
身も心も紅葉色に染まった一日でした。
写真を撮ると、ブログスイッチが入るものですね。
a0223379_1085811.jpg

再開に際して、スキンを変えたりして心機一転リニューアルを
試みましたが、また時間が懸って大山の紅葉も葉を落として
しまいそうなので、今回はロゴ画像のみの変更としました。
遅ればせながらブナの森の紅葉、まずはお楽しみくださいね。

a0223379_10916100.jpg

a0223379_1093364.jpg

a0223379_10102113.jpg

a0223379_1094781.jpg

つづく。

☆ ☆ ☆

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2016-11-11 10:48 | 秋の旅 | Comments(8)