ブログトップ

石ころコロコロ

ishikorog.exblog.jp

映画 再び「男と女」

今年最初の映画はラブストーリー不朽の名作「男と女」でした。
(制作50周年記念デジタル・リマスター版)
もう50年も月日が経っていたとは・・・
岡山シネマクレールにて鑑賞しました。

DVDを借りて何度も観た映画だったけれど
(前回2012年のレビューもよろしかったらどうぞ。)
大スクリーンで観る「男と女」はやっぱり格別!
おなじみフランシス・レイの甘美なメロディを聴けば
私もにわか恋する女!
情感あふれる美しいカメラワークに身も心もとろけてしまうのでした。
a0223379_14213159.jpg

愛する夫を失った辛い過去を未だ忘れられないでいる女、アンヌと
同じく妻に先立たれた男、レーサーのジャン・ルイ。
運命の出会いは同じ寄宿舎に息子と娘を預けていることでした。
次第に惹かれ合うふたり・・・
過酷なラリーで優勝したジャン・ルイにアンヌから電報が届きます。
「ブラボー、愛しています」
アンヌに会うために疲れきった体で車を走らせるジャン・ルイ。
逸る気持ちを代弁するかのようなワイパー。
そして駆けつけた海辺。砂浜で戯れるアンヌと子供たち。
駆け寄って抱き合うシーンがたまりません。
ふたりの子役の存在も新鮮で愛らしく、セリフもたぶんアドリブ?
レストランでの親子の微笑ましいやりとりや
みんなで船に乗るシーンなど「男と女」に素敵なパパとママの
魅力もプラスされて大人の恋をより味わい深いものにしてくれるのでした。

すべてが上手くいくかのように見えたふたり・・・
肌を重ねる男と女の美しいこと。
しかしジャン・ルイの腕の中でアンヌの脳裏には
幸せだった夫との日々が去来するのでした。
そしてふたりは別れてしまうのです。

別れてはみたけれど、思い出すのはふたりで紡いだ幸せの瞬間。
最後のジャン・ルイのサプライズは、映画の最高の贈り物!
このシーンがあるからこの映画は不滅なんですね。

あらすじだけ聞けばごく平凡、されど珠玉のラブストーリー。
誰かを好きになるのは生物としてのいちばんシンプルな行為。
男と女でも、男と男、女と女でも、人を愛し愛される人生の
なんと尊く素晴らしいことか。
私にもこんな心ときめく頃があったと思い出をたぐり寄せつつも
振り返ってみれば、そんな時間も流れ星のように儚く過ぎ去って
人の一生の短さを思うと切ない気持ちになります。
でもね・・・
だからこそ人生がたまらなく愛おしく感じられるのでしょう。

余談ですが
小沢健二さんの「LIFE]というアルバムの中に
「愛し愛され生きるのさ」という曲があって(彼の詩の世界が大好きです)
それはずっと私の生きていくテーマでもありました。
その中にこんな詩があります。

「いつだって可笑しいほど誰もが誰か 愛し愛されて生きるのさ
それだけがただ僕らを悩める時にも 未来の世界へ連れてく・・・」

さあ一度っきりの人生、皆さんも愛し愛され生きましょう。
男がいてもいなくてもね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督 : クロード・ルルーシュ
脚本 : クロード・ルルーシュ ピエール・ユイッテイルヘーベン
音楽 : フランシス・レイ
原題 : Un nommer et une femme
製作年/国 : 1966年 フランス
出演 : アヌーク・エーメ
   ジャン=ルイ・トランティニャン
   ピエール・バルー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ ☆ ☆

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。
[PR]
# by ishikoro-b | 2017-01-06 15:36 | 映画 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

今年も石ころコロコロ転がってあなたのこころに届きますように。
今年もどうぞよろしくお願いします!
a0223379_20432990.jpg

☆ ☆ ☆

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。
[PR]
# by ishikoro-b | 2017-01-01 00:32 | 日々是好日 | Comments(0)

メリークリスマス!

すべての人々にたくさんの幸福が降り注ぎますように。
a0223379_23563073.jpg

ガラスの天使は友人のニューヨークのお土産でした。
Kさん、ありがとう。

☆ ☆ ☆

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。
[PR]
# by ishikoro-b | 2016-12-25 00:02 | 日々是好日 | Comments(0)

薔薇と林檎と冬帽子

朝晩の冷え込みも厳しくなり天気予報では県北に雪マークも。
いよいよ本格的な冬到来ですね。
我が家のベランダに「グリーンアイス」というミニ薔薇が
寒さにも負けず咲き始めました。
花は最初は淡いピンクで、咲くにつれ白くなり
やがてグリーンがかった色に変っていきます。
今まで薔薇の苗を買ってはすぐ枯らして、素人には無理と
諦めていましたが、花屋の店先で小さなバラの苗を
見つけると、やっぱりカワイイ!
これが最後と、懲りずに買ってしまうのです。
今回は植え替えをすることなくポット苗のまま放置。
原種に近い薔薇のようで丈夫なのか、次々と咲いてくれるのが
嬉しいです。
a0223379_216673.jpg

先日、デパートでこんな帽子も買ってしまいました。
普段足を踏み入れることのない帽子売り場。
ふと手にした帽子を冠ってみたら、あら帽子ってオシャレ!
最近実家へ帰っても、いまいち元気になってくれない母のことが
心配で何かと気持ちが重い日々・・・
シンプルな帽子のデザインと包まれるような暖かさに
元気がもらえるような気がしました。
a0223379_2162485.jpg

でも帽子は脱いだ時、髪がペッタンコになるし・・・と一度棚に戻したら
店員さんが、こんな帽子は脱がなくていいのだと教えてくれて
その時閃いたのが、これって「白髪かくし」になるかも!
トホホな動機で、ま、ひとつくらいあってもいいか、と
衝動買いをしてしまったのでした。
a0223379_2164045.jpg

家に帰って、テーブルの上に置いたら、薔薇と帽子がいい感じ。
帽子って冠らなくても、オブジェとしても素敵ですね。
a0223379_2172395.jpg

そしてそして、最後は林檎のお買い物です。
スケルトンの時代からすっとMacユーザーなのですが
2009年から愛用のiMACの挙動がおかしくなり、このままでは
年賀状作りも侭ならないようになったので
とうとう新しいノート型のパソコンを買いました。
a0223379_217468.jpg

初期設定が大変で、思うように使えるようになるのはまだ先ですが
映画に出て来るような、アップルマークが光るのが
ちょっと誇らしい気持ちです。
a0223379_218478.jpg

でもね、お財布がね・・・寒ッ!

☆ ☆ ☆

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。
[PR]
# by ishikoro-b | 2016-12-14 22:43 | 日々是好日 | Comments(2)

明王院・草戸千軒遺跡を訪ねて

勤労感謝の日は友人と今年最後の森林公園へ行こうと
約束していたのに生憎の雨となって、急遽、予定を変更。
先週でしたか、BS朝日の「五木寛之の百寺巡礼」で
広島県福山市にある「明王院」が放送されたのを思い出し
岡山から西へ高速で1時間ちょっと、久しぶりに
晩秋の明王院を訪ねることになりました。
a0223379_16243553.jpg

明王院(中世には常福寺)は弘法大師開基と伝えられる真言宗の古刹。
国宝の五重塔や本堂を有する明王院は
瀬戸内海に注ぐ芦田川河口の中腹にあります。
a0223379_16244152.jpg

山門を抜けると鎌倉時代建立の国宝、本堂。こじんまりとした佇まいですが
屋根の優美な曲線は、天女が衣を翻したかのように見えました。
a0223379_16245518.jpg

そして南北朝時代建立の国宝、五重塔。
a0223379_1625373.jpg

a0223379_16251122.jpg

a0223379_16251633.jpg

a0223379_16252877.jpg

a0223379_19375872.jpg

名残りの紅葉の中に佇む国宝の建築物も素晴らしいですが
ここの魅力は境内から見下ろす川の中州にあると言っていいでしょう。
今はただススキやセタカアワダチソウが何事もなかったように
風に揺れている中州風景ですが、この川底に中世の都市が
眠っているというのです。その都市の名前は「草戸千軒」
明王院の門前町として鎌倉から室町にかけて300年栄えたそうですが
ある時忽然と(洪水?)消滅したというからロマンを
掻き立てられます。

江戸時代から伝えられてはいたけれど、昭和中頃の発掘調査で
初めて中州に中世の集落遺跡が存在する事がわかったのだとか。
出土品は広島県立歴史博物館に草戸千軒ミュージアムとして
展示されているのですが、その出土品の数の多さ、そしてリアルなこと。
瀬戸内海に面した港町として発展し地域経済の拠点でもあった草戸千軒。
明王院を心の拠り所としながら、往時の民衆がいかに生き生きと豊かに
暮らていたか伺い知ることができました。
a0223379_16253410.jpg

銀杏の落葉の中に草戸千軒の遺跡から出土した石塔が。
a0223379_16261253.jpg

五重塔の裏には愛宕神社の鳥居があってちょと不思議な雰囲気。
a0223379_16262428.jpg

美しい竹林を、愛宕神社のある山頂まで登ってみました。
a0223379_16263045.jpg

a0223379_16264272.jpg

展望台から芦田川の中州、草戸千軒遺跡を望むことができました。
a0223379_1629166.jpg

それにしても五木寛之さんはお若い!
五木さんと言えば「青年は荒野をめざす」青春時代の憧れの存在でした。
とても84歳とは思えません。
背筋もピンと、石段も軽々と、あんなふうにかっこ良くオシャレに
歳を重ねたいものです。

☆ ☆ ☆

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。
[PR]
# by ishikoro-b | 2016-11-28 20:10 | 秋の旅 | Comments(2)