早春の蒜山高原-3

雪山に春の訪れを告げてくれるのが、木の根元の雪が解けていく
根まわり穴(雪根開き)と呼ばれるという不思議な現象。
木の黒い幹が林に降り注ぐ太陽光を吸収して温まり
木のまわりの雪を解かしていくのだそうです。
目ぐみ始めた木々と雪と土の織りなす絶妙なコントラストは
モダンアートを見ているかのよう。
美しい絵を描きながら、少しずつ少しずつ雪が解けて
山に春が来るのです。
a0223379_012444.jpg

a0223379_0121539.jpg

a0223379_0122179.jpg

a0223379_0122894.jpg

a0223379_0123956.jpg

蒜山まできたら大山も拝みたいもの。三平山まで上ったら
木々の間にやっと大山の全貌を捉えることができました。
a0223379_0124522.jpg

a0223379_0125391.jpg

a0223379_01257100.jpg

早春の蒜山高原シリーズは、これにてお終い。
お付き合いくださいましてありがとうございました。

☆ ☆ ☆

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます。
[PR]
by ishikoro-b | 2018-03-18 00:09 | 冬の旅 | Comments(0)
<< 3月の半田山植物園-1 早春の蒜山高原-2 >>